« サッカー・ブラジル選手権2006 その370 カルロス・アルベルトはフラメンゴへ。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その20 作品10。 »

terça-feira, 14 de novembro de 2006

ブラジル・サンパウロの自損事故 その7

ブラジル・サンパウロの中心部に近い1戸建て住宅専用街にある拙宅。

近くを中心部から北部へ抜ける道路が走っている。
その道が、拙宅付近ではかなりきついカーブが連続している。

このカーブでは、道路標識では時速30キロという制限速度が設定されているのだが、誰も守っていない。

だが実際には60キロで走ってもかなりきついカーブがある。

金曜や土曜の深夜に、このカーブを曲がりきれずに、壁に突っ込む事故が大体1ヶ月に1度はある。

道路にブレーキの痕が付くし、塀や電柱には追突の後が出来る。
そして、ガラスやプラスチックのライトカーバーが散乱する。

11月11日16時半過ぎに、また事故が起きた。
追突する鈍い音が響いた。
都心の過疎地のようなところだが、その時間にいたわずかな住民が見に行ったが、すぐに引き上げた。

雨が降っていたわけもでなく、昼間に事故を起こすのは極めて珍しい。

またいつものところで車が止まっている。
Spd20061111a

設計事務所の塀と電柱に挟まれて車は止まった。

けが人はいなかったようだ。
ピンクのシャツの男が、運転者。
Spd20061111b

他の人は、世話好きな人だ。
バイクの人などは、たまたま通りかかった人だ。

割と新しそうな車が壊れてしまった。
Spd20061111c

ほとんど人通りのない道なのだが、
それでも昼間は多少はある。

歩道に誰もいなくて幸いだった。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その370 カルロス・アルベルトはフラメンゴへ。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その20 作品10。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12683203

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの自損事故 その7:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その370 カルロス・アルベルトはフラメンゴへ。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その20 作品10。 »