« サッカー・ブラジル選手権2006 その373 ブルーノが2008年までの契約に更改。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その23 作品13。 »

sexta-feira, 17 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その374 フラメンゴとMSIが合意。

フラメンゴFlamengoの副社長クレーベル・レイチKléber Leiteと元社長で今は協力者のエリオ・フェヘスHélio Ferrazは、ロンドンLondresで、MSIの社長のキア・ジョオラビシアンKia Joorabchianとハズ投資基金fundo de investimento Hazのピニ・ザハヴィPini Zahaviと合意をした。

合意では、次のシーズンのフラメンゴに少なくとも3人の選手を強化のための加入させる。

会議では、フラメンゴFlamengoの役員は企業家たちと2007年のリベルタドーレスLibertadores杯を戦うためにフラメンゴを強化する選手を入れることに合意したことを明言した。
その後で、選手とフラメンゴとピニ・ザハヴィとキア・ジョオラビシアンで選手を売った時の利益を分けることにする。

クレーベル・レイチKléber Leiteは強化の選手の名前はブラジル選手権Campeonato Brasileiroが終わる12月3日の後に明らかにすると明言した。
キア・ジョオラビシアンとピニ・ザハヴィのリストには次の名前が入っている、
DFセバSebá、左SBグスタヴォ・ネリーGustavo Nery、ボランチのマスケラーノMascherano、MFカルロス・アルベルトCarlos Alberto、MFロジャーRoger、FWテベスTevez、FWニウマールNilmar。

テベスTevezのケースは複雑だ。 フラメンゴFlamengoと合意することは困難だろう。 テベスは引き続き欧州Europaにいることになるだろう。 マスケラーノMascheranoも同様である。 MSIは2人を南米に戻すと価値が落ちると思っている。

「彼らは我々が感心がある選手を持っている。  交渉は現在のフラメンゴFlamengoにおいて実現する模範になる。 コリンチャンスCorinthiansとのようなパートナーではない」と、クレーベル・レイチKléber LeiteはロンドンLondresで語った。

--------------------------------
MSIの手持ち選手は全てコリンチャンスに所属しているかしていた選手達。

テベスとマスケラーノはすでに移籍しているし、カルロス・アルベルトも事実上コリンチャンスを離れている。
残りの選手から3人ほどが、コリンチャンスから抜けることになる。

ニウマールまで、リストに入っている。
リヨンとのもめ事はどうなっているのか。

別の報道では、MFマルセロ・マットスもMSIのリストに名前があると報じられていた。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その373 ブルーノが2008年までの契約に更改。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その23 作品13。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その374 フラメンゴとMSIが合意。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その373 ブルーノが2008年までの契約に更改。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その23 作品13。 »