« 第27回サンパウロ・ビエンナル その26 地図。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その382 契約更改。 »

terça-feira, 21 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その381 サンパウロFCが優勝して。

2006年のブラジル選手権は、11月19日(日)にサンパウロFCが優勝を決めたので、もう終わったも同然だ。

(1)ブラジル選手権
事実上終わったようなものだが、それでも、いくつかのチームは、目標がある。

①リベルタドーレス杯南米選手権出場権。
2007年のリベルタドーレス杯は、ブラジル選手権の4位までが出場できる。
4位のチームは、リベルタドーレスの本選前に、予選に出場する権利がある。
ところが、現在2位のインテルナシオナウが2006年のリベルタドーレス杯で優勝したので、出場権を持っている。それでブラジル選手権の5位までは出場権を得ることが出来る。

優勝したサンパウロFCはもちろん出場権を得た。
2位は、インテルナシオナウ。
3位確定のグレミオも出場権を得た。

現在4位は、サントスである。
ほぼ出場権を得ている。

最後の椅子を争っているのが、ヴァスコ・ダ・ガマとパラナである。
確率で伯仲している。

一応フィグェイレンシにも可能性があるようだ。
Spd20061120c

②セリエB降格
下位4チームが、セリエBに降格する。
決定したのは、最下位のサンタ・クルーズ。

他に、フォルタレーザも決定した。
サン・カエターノとポンチ・プレッタもほぼ決定だが、まだ逃れる可能性は僅かにある。

逆に、もしかしたら降格しそうなのが、
フルミネンシとパルメイラス。
最後までしっかりと頑張る必要がある。
パルメイラスは、残り2戦で1勝すると、降格の可能性は消える。

(2)ポスター
市内各所のバンカ(=新聞・雑誌売り場)では、早速サンパウロ優勝記念ポスターが発売されていた。
5種類はあった。
Spd20061120a

(3)ムリシー・ラマーリョ監督
優勝監督のムリシー・ラマーリョ監督。
昨年は、インテルナシオナウの監督で、第2位に終わった。
今年は、鹿島アントラースにいったパウロ・アウツオーリ監督のあとに、サンパウロFCの監督に就任した
元々サンパウロFCの人間だ。
故テレ・サンタナの下で働いており、1994年にテレ・サンタナが病気のために辞任したあとに一度サンパウロFCの監督に就任している。
51歳。
Spd20061121g

妻。
Spd20061121e

子供達。
そっくりだ。
Spd20060814k
Spd20060814l


|

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その26 地図。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その382 契約更改。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12778525

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その381 サンパウロFCが優勝して。:

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その26 地図。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2006 その382 契約更改。 »