« サッカー・ブラジル選手権2006 その364 コリンチャンス、5連勝。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その9 寒くなった。 »

quinta-feira, 9 de novembro de 2006

サッカー・ブラジル選手権2006 その365 年齢を5歳もごまかしていたカルロス・アルベルト。

カルロス・アルベルトといっても、コリンチャンスの選手ではない。

ブラジル選手権Campeonato BrasileiroでフィグェイレンシFigueirenseでの中心選手の1人で、2007年にはサンパウロFCと契約をしている、ボランチのカルロス・アルベルトCarlos Alberto が、また年齢を過小にごまかしていたことがわかった。

実際は、28歳なのに、23歳としていた。

カルロス・アルベルトの出生証明書certidão de nascimentoでは、1978年1月24日となっているのだが、フィグェイレンシFigueirenseによる選手についての書類では1983年1月24日生まれとなっている。

カルロス・アルベルトCarlos Albertoは、2003年にはアラブ首長国連邦Emirados ÁrabesでのU-20に出場している。
ブラジル代表seleção brasileiraは優勝したが、この時選手は20歳ということであったが実際は25歳であったわけだ。
それであれば出場できなかった。

-----------------------------
ブラジルでは、このようなことが時々発覚している。

実年齢より低くすると、早熟な印象を与えるためだ。
それにしても、5歳というのは、あまりにひどい。

-----------------------------
カルロス・アルベルトは、フィグェイレンシに2003年から所属していた。

フィグェイレンシは、今後の推移ではブラジル選手権で最高24点の勝ち点を剥奪される可能性がある。
そうすると、一挙に降格となる。
現在17位に、ポンチ・プレッタの役員はもちろん「大声」になっている。

しかし、フィグェイレンシの役員は、
自分たちにとっても大きな驚きであるといっている。
カルロス・アルベルトは、フィグェイレンシ出身の選手ではなく、同じサンタ・カタリーナ州ジョインヴィリのカシアスというチームの出身で、フィグェイレンシに来た時には、すでにブラジル代表としてブラジルサッカー協会CBFに登録書類があったと言っている。
つまり、フィグェイレンシが登録する前に、すでにカルロス・アルベルトの書類はCBFにあって、その真偽を疑わなかったと言って、責任を逃れようとしている。

-----------------------------
サンパウロFCは、こういうことがあっても、
カルロス・アルベルトへの関心は変わらないと言っている。

サンパウロFCは、カルロス・アルベルトが処罰を受けるとも思っていない。

-----------------------------
もちろん、フィグェイレンシは、
この訴えがあった時からカルロス・アルベルトをチームから外している。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その364 コリンチャンス、5連勝。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その9 寒くなった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12615350

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2006 その365 年齢を5歳もごまかしていたカルロス・アルベルト。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その364 コリンチャンス、5連勝。 | Main | ブラジル・サンパウロは「春」 その9 寒くなった。 »