« サッカー:ニウマールのゆくえ。 その15 来期もコリンチャンスでプレイ決定。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その23。 »

sexta-feira, 22 de dezembro de 2006

第27回サンパウロ・ビエンナル その57 撤収。

ブラジル・サンパウロのイビラプエラ公園ビエンナル館で開催の第27回サンパウロ・ビエンナルは、10月7日(土)から、12月17日(日)まで開催されていた

会場のビエンナル館での撤収作業は、12月18日(月)から急ピッチで進んでいる。

搬出口では、海上コンテナーがつけられて、作品がどんどんと詰め込まれている。
Spd20061220a

あの大きな回る作品は、2つに割られた。
それでも、普通のコンテナーには入らないようだ。
Spd20061220k

展示されていた場所にあったカーペットもすでにはがされていた。
Spd20061220g

鳥のような、人間のようなものはどこかに行ってしまった。
Spd20061220d
Spd20061220e

屋内展示の柱はもう解体されて車に積み込まれていた。
Spd20061220j

屋外展示の柱も、無惨なことになった。
天井にその痕跡を残している。
Spd20061220b
Spd20061220q

アトリエのような作品も解体中であった。
Spd20061220i

カップのようなものは、まだそのままになっている。
周囲にあった椅子はもう無い。
Spd20061220h

集合アパートの模型もまだそのままだ。
Spd20061220f

鉄骨とドラム缶でつくられていたオブジェは、移動していた。
ごちゃごちゃと飾られていたものは、取り外されていた。
Spd20061220m

段ボールの壁の中にあった展示物が一個一個丁寧に梱包されていた。
Spd20061220n

大きなスピーカーは分解するのだろうか。
Spd20061220o

外壁に吊してあった「無用階段」も、いつの間にか屋内に取り込まれてあった。
Spd20061220c

「祭り」が終わったあとは、やはり何か寂しい。

|

« サッカー:ニウマールのゆくえ。 その15 来期もコリンチャンスでプレイ決定。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その23。 »

Comments

ご無沙汰してます!
日本へ帰って慌しくしておりました。久しぶりの訪問です。
撤収の風景は、なんともいえない追慕の感情をかきたてます。
もうすっかり終わってしまったのですね。

作品紹介も楽しく拝見させてもらっています。
特に私自身は撮影しなかった「パラレリア」展は、駆け足で見た中にも気になった作品があり、それらの画像をあらためて見ることができて、とても助かります。

Posted by: Fujikawa Satoshi | quinta-feira, 11 de janeiro de 2007 at 05:00

>Fijikawa Satoshi様
とうとうビエンナル館では、次の催し物が始まってしまいました。
作品紹介をしていますが、段々と記憶が薄れてきました。
もっと早くから勧めていかないと駄目ですね。
それに、意外に写真を撮っていなかったようにも思います。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 25 de janeiro de 2007 at 14:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13149343

Listed below are links to weblogs that reference 第27回サンパウロ・ビエンナル その57 撤収。:

« サッカー:ニウマールのゆくえ。 その15 来期もコリンチャンスでプレイ決定。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その23。 »