« サッカー・ブラジル選手権2006 その409 サントスのロドリゴ・タバタが得点王。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その38 作品27。 »

sábado, 2 de dezembro de 2006

ブラジル・サンパウロは「春」 その22 12月1日・2日。

ブラジル・サンパウロも、12月になった。

ブラジルは世界最大のカトリック人口を抱える。
ナタル(=クリスマス)は、年間の最重要行事である。

別に、キリスト教の信者ではなくても、やはりこの月は特別だ。

何しろ12月には、給与を1ヵ月分余計に払うことが法律で定められているからである。
13ヵ月給与である。

ブラジルには通常の労働者に対してのボーナスの習慣はないから、年間給与は月給の13ヵ月分ということになる。

だから、購買力が一挙に増すことになる。

クリスマスのプレゼントだけではなく、ありとあらゆるものがこの12月に売れる。
大型家電もそうである。

何しろ、結婚式も12月が一番多いというのだ。
宗教的な理由でもなく、習慣的なものでもなくて、単にお金の問題であると言っていた。

これだけ売れるので、商店などでの雇用が増える。
工場などでは、すでに期間工などが増えているのだが、商店ではこの時期に雇用が増えるから、またそこでお金を獲ることが出来る人が増えるので、購買が増えるのだ。

もちろん、月が変わると、契約に基づき解雇されるのが普通だ。
稀に、目に留まったものは、そのまま雇用されることもある。

ショッピングセンターも、テナントの閉店時刻が20時から22時に延びた。

ナタル(=クリスマス)の直前は、24時間営業までする。

さて、天気が悪かったサンパウロは12月1日は、雨が降らなかった。

晴れたり曇ったりだったが、雨は降らなかった。
気温もあまり上がらず、木陰では涼しい風が吹いて気持ちよかった。
Spd20061201a

12月2日は、より晴れた。
それでも、気温はやや上がったが、それでも日陰では良い風を感じた。

12月3日は、気温が29度にまで上がるという。

|

« サッカー・ブラジル選手権2006 その409 サントスのロドリゴ・タバタが得点王。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その38 作品27。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/12912832

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「春」 その22 12月1日・2日。:

« サッカー・ブラジル選手権2006 その409 サントスのロドリゴ・タバタが得点王。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その38 作品27。 »