« ブラジル・サッカー:オフ その4 クリスティアンがサンパウロに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その21。 »

quarta-feira, 20 de dezembro de 2006

ブラジル・サッカー:オフ その5 今年もアモローゾがきな臭い。

代理人のニヴァウド・バルドNivaldo BaldoがコリンチャンスCorinthiansにおけるアモローゾAmorosoの状況を48時間以内に解決することを期待している。
ニヴァウド・バルドは、サントスSantosの監督ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴVanderlei Luxemburgoがアモローゾに関心を持っていることを明らかにした。 しかしコリンチャンスの役員の扱いによると語った。

「最初にコリンチャンスCorinthiansと諸事を解決しなくてはならない。 アモローゾはコリンチャンスにいたがっている。 しかし彼を欲しがっているものがいるのも事実である。 他のクラブとも話をする。 出来ることはやっている」と、ニヴァウド・バルドは語った。

ニヴァウド・バルドNivaldo Baldoは、コリンチャンスとの交渉の雰囲気を乱した。 
しかし、コリンチャンスのサッカー担当役員のエヂヴァール・シモンエスEdvar SimõesとアモローゾAmorosoの給与を減らすようにという要求がハードルだと明らかにした。

「コリンチャンスCorinthiansに負っているものは何もない。 コリンチャンスは13ヵ月給与の支払いと休暇の義務がある。 みんなアモローゾAmorosoが残留することを望んでいる。 ただ、エヂヴァール・シモンエスだけが否定的なことを山のように言っているだけだ」と明言した。

コリンチャンスCorinthiansは、公式サイトで、12月19日(火)にアモローゾAmorosoの契約を2007年の終わりまで延長するように提案し、アモローゾの返答を待っていると発表している。

-------------------------------
アモローゾといえば、
2006年の世界クラブ選手権の終わった時点では、
FC東京と仮契約があったにもかかわらず、
どういうわけかFC東京がお金を支払わなかったとしてそれを反古にした。
裁判はどうなったのだろうか。

更に、サンパウロFCとの契約延長交渉がほぼ妥結していたにもかかわらず、
署名を避けた。

そして、最終的にはミランと契約をした。

そのミランには、約半年いて、ほとんど試合の出場機会がなかったので、
ブラジルに戻ってきてコリンチャンスと契約した。

ブラジル選手権での、ゴールは2ゴールだけであった。

コリンチャンスが、給与を減らしたいというのも、当然だ。
ファンもそれほどアモローゾを支持していないと思う。

-------------------------------
代理人のニヴァウド・バルドは、
2006年の更改の一連の出来事で、
サンパウロFCからは蛇蝎のごとく嫌われている。

|

« ブラジル・サッカー:オフ その4 クリスティアンがサンパウロに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その21。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13134327

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:オフ その5 今年もアモローゾがきな臭い。:

« ブラジル・サッカー:オフ その4 クリスティアンがサンパウロに到着。 | Main | ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その21。 »