« ブラジル・サッカー:オフ その17 コリンチャンスの若手にオファー。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その60 作品47。 »

domingo, 24 de dezembro de 2006

2006サンパウロ自動車ショー  その22 本田。

2年に一度開催されるサンパウロ自動車ショーは、今年2006年は10月19日(木)から開催されていた。
すでに終了している。

本田は、ブラジルでは30年以上に渡って2輪車を生産している。
アイルトン・セナのこともあって、本田の知名度は高かった。

そして、1990年代はじめから4輪車もサンパウロ州で生産している。
FitとCivicを生産している。
そのほかにアコードやCR-Vを輸入して販売している。

本田のブースで展示してあるのも、こういったラインナップである。
Spd20061019azw
Spd20061019zzzi

2007年モデルからは、ブラジルでは一般的になっている、ビ・コンブスチーベル(ガソリンでもアルコールでも燃料として使える車)を遅ればせながら発売することになっているので、そのエンジンを搭載したFitとCivicを展示していた。

すでに、VW、Fiat,GM,Fordなどはこのビ・コンブスチーベルを発売しているのであるが、本田はなぜか開発を」秘密」扱いにしていた。
事実は、誰でも知っていたのである。
この自動車ショーの直前に、プレスリリースをうやうやしくやっていた。
プレスリリースでは、いろんなお土産を配っていた。

前回は、2輪は全く別のブースであったのだが、今回は本田として一つにまとめてあった。
大型のバイクは、このところブラジルで売れ行きが急上昇している。
その大型を中心に展示されていた。
Spd20061019zze

一応F1車も展示されていた。
Spd20061019zzzk

そして、目玉はASIMO。

20分に一度くらいASIMOの短いショーをやっていた。

ショーが始まる前に、待ちきれなくなったカップル。
Spd20061019zzzo

大げさな音楽(リヒャルト・シュトラウスのツァラトゥストラだったはずが)と共にASIMOが現れる。
Spd20061019zzzp

司会者と握手。
この司会者は、打ち合わせどおりきちんとやっていた。
ロボット相手に上手だった。
Spd20061019zzzq

階段を上って下りてみせる。
Spd20061019zzzr_1

片足で立ったり、指を細かく動かして見せた。
Spd20061019zzzs

ブラジルなので、サッカーボールも1回だけ蹴って見せた。

ASIMOを今まで日本でも見たことがなかったので、
最新のASIMOにはかなり期待をしていたのだが、
思ったより感激しなかった。

凄い技術なのだろうが、
その凄さがステージからは見えてこなかった。
2足歩行するところが、ポイントなのだろうが、
ステージ上の決まったポイントを動くだけで、自由な判断をしている動きには見えなかったところが、期待はずれだったところだ。

ともかくも、コンパニオンの服装はちょっと野暮ったかった。
Spd20061019zzf

|

« ブラジル・サッカー:オフ その17 コリンチャンスの若手にオファー。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その60 作品47。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13183002

Listed below are links to weblogs that reference 2006サンパウロ自動車ショー  その22 本田。:

« ブラジル・サッカー:オフ その17 コリンチャンスの若手にオファー。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その60 作品47。 »