« ブラジル・サッカー:オフ その10 パルメイラスはエニウトンの大宮行きを認めた。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その57 撤収。 »

sexta-feira, 22 de dezembro de 2006

サッカー:ニウマールのゆくえ。 その15 来期もコリンチャンスでプレイ決定。

多くの見所があったあと、ニウマールNilmarは来シーズンもコリンチャンスCorinthiansに留まる。
ニウマールは、1月3日にシーズン前の合宿のために再集合し、1月17日に行われるサンパウロ州選手権Campeonato Paulista第1節の対ポンチ・プレッタPonte Preta戦ではグラウンドに出るだろう。

しかしながら、ニウマールは340万レアル(=1.9億円)を受け取ることを諦めることはない。
ニウマールNilmarは座って、話し合い、この債権を受け取りたいとしている。

「女性判事のマリア・クリスチーナ・フィスキMaria Cristina Fischが契約があると決定した、でしょ。 それで、ニウマールNilmarは再集合して、トレーニングをして、エーメルソン・レオン監督が望むならばプレイする。 何もおかしなことはない、それはコリンチャンスCorinthiansが支払わなくてはならない義務を知っているからだ」と、ニウマールの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaは言った。

オルランド・ダ・オーラはニウマールNilmarとブレーノ・タンヌリBreno Tannuri弁護士と12月20日(火)に会議をして、2007年12月28日までコリンチャンスCorinthiansとの契約があるということを認めた女性判事の決定に対し控訴しないことを決めた。
債権の支払いについての合意がなければ、法的な手段を取る。

先週、ニウマールはコリンチャンスTimãoにいて傷ついて、コリンチャンスにいたくないといった。
しかし、裁判に敗れて、コリンチャンスに残るかリヨンに戻るかという2つの可能性があった。

リヨンLyonは、8百万ユーロを支払うか、ニウマールを戻すようにFIFAに訴えていた。
ニウマールNilmarとの契約を取り消したにもかかわらずだ。

リヨンLyonに戻ると、ニウマールはあと2年半リヨンにいることになる。
コリンチャンスCorinthiansであれば、2007年12月末に出て行くことが出来る。
更に、6ヵ月でどこのクラブとも仮契約を結ぶことが出来る。
つまり、コリンチャンスにいる方がメリットがある。

「コリンチャンスCorinthiansはFIFAでは悪いことになると思っている。 リヨンLyonはお金を回収するかニウマールを戻すだろう。 ここの女性判事がニウマールNilmarはコリンチャンスCorinthiansのものだと決めたのでニウマールはリヨンには戻らない。 高い罰金はコリンチャンスに行くことになる」と、オルランド・ダ・オーラは言った。

-------------------------------
ブラジルの中では、ニウマールはコリンチャンスのものになった。

しかし、こんな結論で、ニウマールは来年1年間コリンチャンスでしっかりプレイする気になるのだろうか。
7月になれば、もうどこかのチームを仮契約をすることになるだろう。
それまでは、いいところを見せるのだろうか。

|

« ブラジル・サッカー:オフ その10 パルメイラスはエニウトンの大宮行きを認めた。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その57 撤収。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ニウマールのゆくえ。 その15 来期もコリンチャンスでプレイ決定。:

« ブラジル・サッカー:オフ その10 パルメイラスはエニウトンの大宮行きを認めた。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その57 撤収。 »