« ブラジル・サッカー:オフ その43 鹿島アントラーズへ行くダニーロ。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その12 MFカルロス・アルベルトはフルミネンシとまだ契約できず。 »

sábado, 6 de janeiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その11 コリンチャンスの社長がニウマールの残留を保証。

コリンチャンスCorinthiansの社長のアルベルト・ドゥアリビAlberto Dualibが、FWニウマールNilmarが2007年末までコリンチャンスにいることを保証した。

ニウマールは裁判所の決定によってコリンチャンスTimãoにいるが、コリンチャンスとリヨンLyonとの係争についてのFIFAの決定を待っているところでもある。
FIFAの決定は、1月15日までにでるはずである。

ニウマールは契約がある。 彼は尊重する。 疑いもなく今年は12月まで我々は一緒である。 その後彼がするようにする」と、アルベルト・ドゥアリビ社長は語った。

---------------------------
アルベルト・ドゥアリビ社長が保証しても何もならない。
何の意味もない。

それよりも、いつリヨンに移籍金の残金の8百万ユーロを支払うのかについては何も語らない。
支払ってしまえば、リヨンとの問題は全て解決するはずだ。

ニウマールの心の傷はいやすことは出来ないが。

---------------------------
1月に、コリンチャンスは社長を決める選挙がある。
もちろん出資者だけが、投票権を持っている。

しかし、
このところテレビでコリンチャンスのCMを流している。
それも、
アルベルト・ドゥアリビの業績を誇るような内容ばかりである。

最後に、アルベルト・ドゥアリビが「不気味に」微笑んでいる。
「20070101JH-CM-Corinthians.wmv」をダウンロード

こんなCMを作って、流すなら、はやく8百万ユーロを支払うべきだ。
それが最大の業績になるはずだ。

|

« ブラジル・サッカー:オフ その43 鹿島アントラーズへ行くダニーロ。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その12 MFカルロス・アルベルトはフルミネンシとまだ契約できず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13365414

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その11 コリンチャンスの社長がニウマールの残留を保証。:

« ブラジル・サッカー:オフ その43 鹿島アントラーズへ行くダニーロ。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その12 MFカルロス・アルベルトはフルミネンシとまだ契約できず。 »