« ブラジル・サッカー:オフ その41 ミネイロはサンパウロFCに残留せず。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その3 ボタフォゴに最後に到着するのはドドゥ。 »

quarta-feira, 3 de janeiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その2 パウロ・アウツオーリ監督が、クルゼイロに復帰。

パウロ・アウツオーリPaulo Autuori監督が、1月3日(水)の朝、クルゼイロの監督として正式に現れて、3回目になるクルゼイロCruzeiroの指揮を執り始めた。
パウロ・アウツオーリ監督はすでに1997年に指揮をとり、その時にはミナス・ジェライス州選手権とリベルタドーレス杯Taça Libertadores南米選手権のタイトルを取った。
2000年には、何もタイトルを取ることで出来なかった。

トレーナーのジウヴァン・サントスGilvan Santosと共に、パウロ・アウツオーリ監督は基本は、才能、環境、ワークだと強調した。

「基本となる3点は、環境、才能、ワーク。 それらだけで、サッカーにおいては他には何もない。 他のことを語るのは、外でプレイに語ることである」と明言した。
Spd20070103f

「コンセプトを持って、ワークを改善したい。 自分に期待しないように。 自分の最大は選手とファンがサッカーそのものであるということ。 それらが美しいサッカーをみせる。 サッカーの情熱が試合を望むような結果にする。 監督は可能な限り出来ることを言うことである」とコメントした。

パウロ・アウツオーリ監督は2007年のタイトルがクルゼイロCruzeiroの目的とするためにしっかりワークスすると強調した。

「グループのみんなが全力を尽くし、献身することを期待する。 それ無しには勝利はない」と結論付けた。

--------------------------------
パウロ・アウツオーリ監督は、お元気そう。
Spd20070103e

クルゼイロでも、サンパウロFCでも、リベルタドーレス杯南米選手権に優勝していたわけだ。

|

« ブラジル・サッカー:オフ その41 ミネイロはサンパウロFCに残留せず。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その3 ボタフォゴに最後に到着するのはドドゥ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13328610

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その2 パウロ・アウツオーリ監督が、クルゼイロに復帰。:

« ブラジル・サッカー:オフ その41 ミネイロはサンパウロFCに残留せず。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その3 ボタフォゴに最後に到着するのはドドゥ。 »