« 第27回サンパウロ・ビエンナル その84 作品70。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その2 代表発表は1月22日(月)。 »

sábado, 20 de janeiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その53 2007年コリンチャンスの試合数は最大83試合。 

コリンチャンスCorinthiansは、サンパウロ州選手権、ブラジル杯Copa do Brasil、南米杯Copa Sul-Americanaの最終戦までいくとすると、2007年のシーズンは83試合をすることになる。
2006年は、コリンチャンスTimãoは、全ての選手権で敗退して、わずか69試合であった。
※サンパウロ州選手権は、2006年と2007年はルールが異なっている。

2007年、コリンチャンスは最低61試合を行う。(ブラジル選手権38試合。 サンパウロ州選手権19試合。 ブラジルCopa do Brasilは2試合。南米杯Copa Sul-Americana2試合である)
試合数が増えることによって、チームの収入もまた増える。
ブラジル杯や南米杯で勝ち進めば更に増えることになる。

「南米杯の存在の唯一の理由は財務である。 翌年を良くさせてきた」と、エーメルソン・レオンEmerson Leão監督は明言した。 

サンパウロ州選手権では、コリンチャンスTimãoは準決勝まで進めば、試合数を増やすことが出来、財務面でも見返りがある。
決勝トーナメントでは、より多くの観客が見込めるのが確実だからである。

コリンチャンスの役員はまだコリンチャンスがこれらの選手権で進んで、金庫に入ってくるという計画を持っていない。しかし間違いないことは、僅かなお金であっても、大歓迎である。

コリンチャンスの試合数:

サンパウロ州選手権Paulistão     :  最小19試合、最大21試合。
ブラジル杯Copa do Brasil        :  最小2試合、最大12試合。
ブラジル選手権Campeonato Brasileiro:  38試合
南米杯Copa Sul-Americana      :  最小2試合、最大10試合

-------------------------------
コリンチャンスは、2006年はリベルタドーレス杯南米選手権にも出場した。
5月4日に敗退した。

ブラジル杯には出場していない。

|

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その84 作品70。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その2 代表発表は1月22日(月)。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13598725

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その53 2007年コリンチャンスの試合数は最大83試合。 :

« 第27回サンパウロ・ビエンナル その84 作品70。 | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その2 代表発表は1月22日(月)。 »