« ブラジル・サンパウロでの「小さな冒険」 その1 鉄道。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その77 ミネイロはヘルサ・ベルリンと契約。 »

quarta-feira, 31 de janeiro de 2007

ブラジルのウィンドウス・ヴィスタ。

ブラジルでも、ほとんどのコンピューターはマイクロソフトのウィンドウスがOSである。

先日も、ウィンドウスMEなんかを見かけたくらいであるので、どこまでウィンドウスXPが普及していたのかはわからない。
まあ、常識的に考えてウィンドウスXPは発売以来5年もたっているので、ほとんどがXPであると推測はする。

ブラジルでも、1月30日からウィンドウス・ヴィスタwindows vistaが始まったようだが、全く騒がれることもない。

深夜に列を作ってまで、買うなんてことは絶対にしない。
店にとっても、客にとっても危険きわまりない。

もうひとつ、実はほとんどの人はOSを正規には購入していない。
OSだけではない、アプリケーションもである。

そういったものは、市内の至る所の路上などで、コピーされたものがいくらでも販売されている。
それを買うのだ。

ブラジルの一般的な所得水準で、OSやアップリケーションを買うことは極めて難しい。

いつウィンドウス・ヴィスタのコピーが販売され始めるのか。
もう、販売されているかも知れない。

もうひとつウィンドウス・ヴィスタが要求する能力を持つコンピューターを買うのも大変である。

とはいえ、
一応発売したのだから、マイクロソフトも告知をしなくてはならない。
テレビでCMを放送していた。
実に、地味なCMである。
「20070130JN-CM-WindowsVista.wmv」をダウンロード

|

« ブラジル・サンパウロでの「小さな冒険」 その1 鉄道。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その77 ミネイロはヘルサ・ベルリンと契約。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのウィンドウス・ヴィスタ。:

« ブラジル・サンパウロでの「小さな冒険」 その1 鉄道。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その77 ミネイロはヘルサ・ベルリンと契約。 »