« ブラジル・サッカー:2007始動 その24 カルロス・アルベルトは今度は大丈夫。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その26 ロマリオの回復遅れる。 »

quinta-feira, 11 de janeiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その25 ニウマールについて、また新たな問題発生。

ニウマールNilmarについての終わりのない話に新たな章が加わった。
ブレーノ・タンヌリBreno Tannuri とオルランド・ダ・オーラOrlando da Hora(弁護士とニウマールの代理人)が、コリンチャンスCorinthiansがシーズン前の合宿を行っているジャリヌJarinuへ、ニウマールを合宿から外すために、向かった。
ブレーノ・タンヌリは決定の理由を明らかにしたがらない。

「今はいえない。 コリンチャンスCorinthiansはどうしてこういうことをするのか理由を知っているはずだとだけ言うことが出来る」

1月11日(木)ニウマールはチームの同僚と通常通りトレーニングを行った。
エーメルソン・レオン監督はニウマールNilmarを2007年のサンパウロ州選手権のコリンチャンスTimãoの初戦の1月17日(水)にパカエンブーPacaembu競技場で行われるポンチ・プレッタPonte Preta戦からから使いたいと言った。

---------------------------
ニウマールの代理人達の決定はコリンチャンスの役員達を驚かせ、この件でコリンチャンスCorinthiansの戦略を決めるために1月11日(木)の夜に会議をしなくてはならなくなった。

弁護士のエラルド・パニョカHeraldo Panhocaと会議をしたレナット・ドゥプラRenato Dupratによると、ニウマールNilmarの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da HoraはMSIに対して、ニウマールとコリンチャンスの交渉についてのコミッションの支払いを求めて法的な手段に訴えることにした。
金額は、150万ユーロくらいになる。

コリンチャンスの役員はニウマールに関するいかなる態度をとるのかを決める前に検討中である。
コリンチャンスの最終的な決定は、金曜日に発表されるはずだ。

---------------------------
ニウマールの「話」は、全く終わりが見えない。

その上に、また新たな問題が発生した。

|

« ブラジル・サッカー:2007始動 その24 カルロス・アルベルトは今度は大丈夫。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その26 ロマリオの回復遅れる。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13449057

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その25 ニウマールについて、また新たな問題発生。:

« ブラジル・サッカー:2007始動 その24 カルロス・アルベルトは今度は大丈夫。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その26 ロマリオの回復遅れる。 »