« ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その40。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その4。 »

segunda-feira, 8 de janeiro de 2007

ブラジルのサブリナ・サトウ その72 未公開分。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Sab20060521h_1

毎週日曜日20時から、rede TV!局で放送されているpanico na TVというブラジルで一番下劣な番組に引き続き出演して、大活躍している

サブリナ・サトウが、panico na TVに出演したシーンについては、サブリナ・サトウのチャレンジ・コーナーを中心に、かなり紹介してきた。

だが、紹介しきれなかったものもある。

理由は色々だ。

たまりに溜まって後回しになってしまって、そのままになったというのが一番の理由だ。
そのほかには、面白くなかったというものもある。

さらに、この番組はお笑いパロディー番組であって、その対象となる元ネタというのがある。
それが分かっていないと、どこが面白いのか分からないわけである。
ブラジルの政治であったり、スポーツなどが、その標的になるのだが、
日本人には理解できないだろうと思われるものが多い。

やはり、面白いのは、
サブリナ・サトウのチャレンジ・コーナーで、ほとんどが理屈抜きに理解できる。
絶叫シーンは見たままである

2006年4月から、しばらくサブリナ・サトウが干されていたときに毎週ビデオレターという形で出演していた。
このときのものは、あまり取り上げなかった。
派手なものがなかったからだ。

このなかで、メキシコに行ったものがあった
何をしに行ったかというと、
映画の”X-men 3”の撮影現場へ行って、インタビューをしたのだ。
Sab20060521d
Sab20060521e

もちろん、サブリナ・サトウが英語をぺらぺらと話すことが出来るわけでもない。
英語で質問を作って、それを読むだけである。
コテコテのブラジル人的な発音であった。
Sab20060521c

一応前夜に特訓を受けていた。
Sab20060521a
Sab20060521b
Sab20060521f

日本人の英語の発音には、それなりの癖がある。
同様に各国の英語の発音にはそれぞれ癖がある。

ごく普通のフランス人やドイツ人の英語も、かなりのものだ。

英語が公用語のシンガポールだって相当な癖がある。
豪州の英語も、米語を習ったものにとっては、聞き取りになれるまでには多少時間がかかる。
もちろん、彼らはネイティブで、文法的には正しいのはいうまでもない。

ブラジルでも、エリート層は、このところ留学が当たり前で、
バイリンガルどころか、トリリリンガル以上の人も多い。
もちろん、言葉以外の部分も、一流の教育を受けている人がいっぱいだ。
ブラジルのエリートは、もちろん富裕層に属している人の子弟であるが、
幼少の時からの教育で、世界共通の土台でビジネスを進めることができる。
ブラジル出身で、多国籍企業の本社の中枢に登用されるものは、昔から多い。

サブリナ・サトウはそんな育ちではない。
サンパウロ州の田舎のごく普通のお姉ちゃんだ。

まあ、何とかかみ合わないインタビューをこなしていた。

サブリナ・サトウの記者登録証。
本名が書いてある。
サトウというのは母方の苗字である。
もう一つ、父方のアラブ系の苗字があることが分かる。
Sab20060521g


ところで、そのサブリナ・サトウの母親が、panico na TVに出演したことがある。
ブラジルの母の日に当たって、
レギュラー出演者の母親を集めた。
Sab20060802a

彼女たちを、男性ストリップに連れて行った。
Sab20060802c

司会者スリタの妻も、その中に交ざっていた。
Sab20060528a

司会者の子供の母親という資格であった。
以前、風船に乗って、飛んでいったままのはずであったがいつの間にか戻っていたようだ
Sab20060802h
Sab20060802g

サブリナ・サトウの母親を見ると、サブリナ・サトウの将来を暗示しているような。
Sab20060802b
Sab20060802f
Sab20060802e

暗示ではなくて、明示か。

|

« ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その40。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その4。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13368311

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのサブリナ・サトウ その72 未公開分。:

» [entartainment]サブリナ・サトウ [マクシミリアンの日記]
サブリナ・サトウは、ウィキペディア上ではモデルということになっているが、日本的な見方からするとバラドルというところであろうか。ウィキペディアでは、81年の2月4日生まれなので、26歳、レバノン、スイス、日本の混血という風に書いてある。元々はラジオ番組だったパニ... [Read More]

Tracked on terça-feira, 9 de janeiro de 2007 at 06:24

» サブリナ・サトウを〔あえて〕論じてみる [ブラジル国際結婚男が語る! 国際結婚とブラジルの真実]
一応日系人だしね。ちょっと混血しているらしいけど。で、苗字が佐藤さんだしね。存在自体は気になるわけですよ。ブラジルじゃ余り日系人はテレビに映らないから。 でも、全く応援する気にならんのですよね。 これって、日本人に特有の近親憎悪って奴かもしれないんですけど。 あっ! ご存知ない人のために一応ご説明させていただきますと、サブリナ・サトウっていうのはお色気系のバライティ・アイドルなわけです。まあ、飯島愛に一昔前のダチョウ倶楽部のようなことをさせているわけです(・・・って、すご... [Read More]

Tracked on quarta-feira, 31 de janeiro de 2007 at 23:49

« ブラジル・サンパウロの"//PARALELA"展 その40。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その4。 »