« サッカー:ジーコの息子が契約。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その32 ニウマールの会議結論でず。 »

sexta-feira, 12 de janeiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その31 ロドリゴ・タバタが語る。

サントスSantos,のMFロドリゴ・タバタRodrigo Tabata,は本来のポジション以外でのプレイに文句を言わない。
ロドリゴ・タバタは、今は、大事なことはチームにいることと思っている。

「ルシェンブルゴLuxemburgo監督といると、全く誰も絶対的な正選手はいない。 チャンスがあることを我々は喜ばなくてはならない」と明言した。

サントスPeixeは、1月17日(水)21時45分からパレストラ・イタリアPalestra Itália競技場で行われる対バルエリBarueri戦が、サンパウロ州選手権Campeonato Paulistaの初戦である。

---------------------------
いつも優等生の答えしかしないロドリゴ・タバタ。

昨年は、FWとして、トップに立つ機会が多かった。
FW不足のサントスである。

|

« サッカー:ジーコの息子が契約。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その32 ニウマールの会議結論でず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13468577

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その31 ロドリゴ・タバタが語る。:

« サッカー:ジーコの息子が契約。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その32 ニウマールの会議結論でず。 »