« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その23 第3節ジュヴェントス対コリンチャンス戦 観戦。 | Main | ブラジル・サンパウロの「全盛」 »

sábado, 3 de fevereiro de 2007

ブラジル・サンパウロの車"Fusion"

2006年の後半になって、Fordが”Fusion”という車の販売を始めた。
ブラジルでは、税制の関係で、1000ccまでの車は税率が低く抑えられており、売れるのもこのクラスの車で、どのメーカーそれらの車種を中心に生産している。

1600ccになるとかなり立派な車という位置づけで、正しくカローラはそこにはいる。
日本円に換算すると、360万円以上もする。

ところで、このFusionは、ブラジル製ではなくて、メキシコ製である。
ブラジルで生産したとしても、採算に乗るほど、売れないと見ているのだろう。

このFusionは、もっとも安いものでも8万レアル(=約480万円)を越える。
確かに滅多に見ない。
そうそう売れていないのだろう。
Spd20070111a_1

個人的には、全くスタイルが良いとも思えない。
CMは、いかにもインパクトがあるようなものだったが、実際の車を見るとがっかりした。

たまたま駐車場に止まっていたので、写真に撮ってみた。
Spd20070111b

横から撮っていて気付いたのだが、ドアの窓ガラスの枠が妙に太い。
防弾仕様になっていた。
つまり、そういう必要がある人のための車なのである。
更に百万円から2百万円は改装費用がかかっているはずである。
ますます、特殊な一部の人のために車になってしまっている。
売れなくなるはずだ。
Spd20070111c

こういった税制になる10何年前には、もっと2000ccクラスの車も街を走っていたのだが。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その23 第3節ジュヴェントス対コリンチャンス戦 観戦。 | Main | ブラジル・サンパウロの「全盛」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13779890

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの車"Fusion":

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その23 第3節ジュヴェントス対コリンチャンス戦 観戦。 | Main | ブラジル・サンパウロの「全盛」 »