« ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その75 サブリナ・サトウの臍。 »

domingo, 11 de fevereiro de 2007

ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その13 Mancha Verde

Globo局では、サンパウロの14のエスコーラ・ヂ・サンバのエンヘードを1月1日から順に紹介している

マンシャ・ヴェルヂMancha Verdeは、サンパウロ市北部のバッハ・フンダを拠点とするエスコーラ・ヂ・サンバである。
正式名称は、Grêmio Recreativo e Cultural Escola de Samba Mancha Verde。
1995年に、パルメイラスのファン組織のマンシャ・ヴェルヂが、カルナヴァルに進出としたのが、はじまり。
2004年の2部に当たるグループ・アセッソで優勝し、2005年に1部に当たるグループ・エスペシアルに登場したが12位に終わった。
ルールで、特定のサッカークラブを表すようなことをしてはならないのだが、母体が母体なのでそのルールを大花に破り、減点された。

基調の色は、もちろん緑である。
「20070112Carnaval-Mancha.wmv」をダウンロード

2007年のエンヘードEnredoの歌詞である。

Decifra-me ou devoro-te. Apocalipse: 4 cavalheiros, 3 profecias e 4 segredos

作曲者:Didi, Maradona, Turko e Luís Ferracini

A nave vai partir, oh oh oh oh
Numa festa sem igual, oh oh oh oh
Resgatando a alegria do samba
No planeta Carnaval...

Mancha verde, entra em cena para apresentar
A grande paixão popular
Que faz expressar
A arte, assim chegaram os cavaleiros que anunciaram
A batalha entre o bem e o mau
Já estavam escritas as profecias
E tantos códigos a descobrir
Num decifra-me ou devoro-te
Segredos e aparições
Nosso futuro marcado por revelações

Óh virgem santa
Rogai por nós
Nesta procissão de fé a mancha canta
E clama em uma só voz

O criador
Que é o início e o fim da existência
Ao ver o caos, destruição
Chora de tristeza
Até a lua se partiu
Um grande eclipse surgiu
Na mais profunda escuridão
O fim do mundo
Nossa família agradece à Deus
Pelo presente que nos concedeu
Esta magia vai continuar,
Em verde e branco recomeçar...

|

« ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その75 サブリナ・サトウの臍。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13867532

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その13 Mancha Verde:

« ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その75 サブリナ・サトウの臍。 »