« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その73 スープ。 | Main | サッカー・サンパウロ選手権2007 その23 第6節終了。 »

domingo, 4 de fevereiro de 2007

サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道 その1 アメリカ戦の出場は危うい。

ヴァスコ・ダ・ガマのレナット・ガウーショRenato Gaúcho監督は、2月3日(土)に、サン・ジャヌアリオSão Januárioで、2月7日(水)にマラカナMaracanã競技場で行われるリオ・デ・ジャネイロ州選手権の対アメリカAmérica戦にロマリオRomárioを出場させることができるとは思っていないと宣言した。
レナット・ガウーショ監督は、まずロマリオBaixinhoの身体がどこまで出来上がっているかを知る必要がある。

ロマリオがアメリカAmérica戦でプレイするのは、とても、とても難しいと思っている。 彼の身体がどうなのか知らない。 まだロマリオと話をしなくてはならない」と、レナット・ガウーショ監督は明言した。

ロマリオRomárioは、ヴァスコ・ダ・ガマで調整を続けていた。 しかしFIFAがプレイすることを禁止しするという決定を出したときから、トレーニングは中断していた。
FIFAの保証があったので、ロマリオBaixinhoは体調の回復のためにハードなワークに戻ることになる。

レナット・ガウーショRenato Gaúcho監督にとっては、ロマリオの存在はとてもヴァスコ・ダ・ガマにとってメリットがある。
しかしレナット・ガウーショ監督は、ロマリオRomárioはしっかりと身体ができていることを望むと明言した。

「ヴァスコ・ダ・ガマはタイトルを取ることに目標にしている。 ロマリオRomárioの目標は1000ゴールである。歴史的なゴールだ。 しかし、そのことは我々の第一の目標を奪うものではない。 それはロマリオがゴールすることが、ヴァスコ・ダ・ガマにとても貢献することになるからである。 今ロマリオは体調をよくしなくてはならない。 それは41歳だからだ。 もう少年ではない」と、レナット・ガウーショ監督は警告した。

ロマリオは、来週月曜日(2月5日)の練習試合には参加する。
その前に、ヴァスコ・ダ・ガマの首脳(社長エウリコ・ミランダEurico Miranda、サッカー担当副社長ジョゼ・ルイス・モレイラJosé Luís Moreira、パウロ・アンジオーニPaulo Angioni、そしてレナット・ガウーショRenato Gaúcho)が会議を開いて、決定をすることに違いない。

--------------------------------
ロマリオは、やる気いっぱいかも知れないが、気持ちと身体は違う。

身体は万全にして欲しいものだ。
何せ、41歳だから、痛めると回復は遅い。

|

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その73 スープ。 | Main | サッカー・サンパウロ選手権2007 その23 第6節終了。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13793688

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道 その1 アメリカ戦の出場は危うい。:

« ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その73 スープ。 | Main | サッカー・サンパウロ選手権2007 その23 第6節終了。 »