« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その6 Tom Maior | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道 その1 アメリカ戦の出場は危うい。 »

domingo, 4 de fevereiro de 2007

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その73 スープ。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウSabrina Sato
Spd20061112sp

すっかりこのブログで取りあげる頻度が減ってしまったが、サブリナ・サトウ自身は毎週日曜日20時からrede TV!局で放送されているpanico na TVに、元気よく出演を続けている
Spd20061112sq

panico na TVは、新年を挟んで、2回の放送は、2006年放送分の総集編を放映した。

サブリナ・サトウの懐かしいシーンが満載であった。
突然番組を降ろされるところなど、涙が溢れてきて止まらないくらい。
そのあとしばらく続いていたビデオ・レター形式の出演も今となっては懐かしい。
もちろん、チャレンジコーナーでの数々の凌虐シーンも、笑いが止まらない

更に、panico na navioと称して、昨年同様に豪華客船からの放送が2回にわたり続いた。
これは船上で、女性たちが「ゲップ」の音を競うコンテスト。
番組にふさわしい企画である。
Spd20070114b_1
Spd20070114c
Spd20070114a

客船でのシーンもわずかにあったが、ほとんどがまたもや総集編であって、出演者全員が結局1ヵ月休みをもらったようなものである。
1月28日から、2007年の実質的な放送は始まった。

--------------------------------
サブリナ・サトウといえば、カルナヴァル(=カーニバル)では、このところ毎年あのガヴィオンエス・ダ・フィエウの一員として出場している

今年も、ガヴィオンエス・ダ・フィエウに参加する。
2月1日に行われた、リハーサルには1時間遅れたが、参加して、ガヴィオンエス・ダ・フィエウにいるファンを大喜びさせたそうである。

ガヴィオンエス・ダ・フィエウは、昨年はグループ・エスペシアルいたが、色々なことが理由で大減点されて降格した。
その時は、もうガヴィオンエス・ダ・フィエウはカルナヴァルには参加しないなどと言っていたが、それは一時のことでまた参加することにしたわけだ。
今年は、2月18日(日)に行われるグループ・アセッソの5番目に出場する。
5番目なので、日付が変わって登場は2-4時頃ではないだろうか。

このブログをちゃんと読んできた人は知っていることだろうが、
ガヴィオンエス・ダ・フィエウといえば、
コリンチャンスのファン組織である。

数々の事件を起こした武闘派である。

カルナヴァルのアレゴリア(=山車)でも、常にシンボルのガヴィオン(=鷲)が登場し、基本的なカラーはコリンチャンスのそれで白と黒である。
間違っても、緑は使用しない。

--------------------------------
頻度が減っているが、
サブリナ・サトウについては、まだまだ、未公開シーンがいっぱいある。
溜まる一方である。

panico na TVのスタジオに大きなバスタブが用意された。
Spd20061112sa

いつものように、司会者のエミーリオ・スリタが長口上を始めた。
Spd20061112sb

ブラジルの代表的なスープである”カンジャCANJA”を、バスタブで大量に作って、その中に女性レギュラー陣が入るというのである。
Spd20061112sc

このスープは決行を夜する効果があり、「シワ取り」にもよいという。
それで、ジャグジーバスのように直接浸かってみようという企画である。

材料である。
鶏のもも肉や手羽が基本である。
Spd20061112sd

米、
Spd20061112se

野菜や香辛料。
Spd20061112sf

番組が進行する中で、料理人がカンジャを作っている。
Spd20061112sh
Spd20061112si

良い匂いがし始めた。
Spd20061112sj

Spd20061112sk

そして、番組の終わりが近づくと、女性レギュラー陣が入った。
Spd20061112sl

ついで、司会者のエミーリオ・スリタが入り、
さらにサブリナ・サトウも入った。
Spd20061112sm

そして、スープの掛け合いが始まった
Spd20061112sn

そうして、番組は終了した。
Spd20061112so

食べ物を粗末にしてはいけないなどというテロップは流れなかった。

なんのためのスープだったのか、効用はあったのかなかったのか全く分からなかった。
そういうことはいつも曖昧に終わるのがこの番組のいつもである。

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その6 Tom Maior | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道 その1 アメリカ戦の出場は危うい。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その73 スープ。:

» ブラジルと女性と美容整形と [ある惑星〜ブラジルの暮らし]
なんだか最近あちらこちらのブログで 取り上げられているサブリナ・サトウ。 1981年2月4日生まれ お誕生日オメデトウ! あちらこちらのブログ↓ 『ブラジル国際結婚男が語る!国際結婚とブラジルの真実... [Read More]

Tracked on segunda-feira, 5 de fevereiro de 2007 17:35

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その6 Tom Maior | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道 その1 アメリカ戦の出場は危うい。 »