« ブラジル・サンパウロの「巨大広告」 その9 景観汚染。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その24 ロマリオは、最後のキッカーだったが。 »

terça-feira, 27 de fevereiro de 2007

ブラジル・サッカー:2007始動 その102 フルミネンシはジュビロ磐田のオファーを拒絶。

フルミネンシFluminenseは、2月26日(月)の朝、FWソアレスSoaresを6百万ユーロJubilo Iwataでというジュビロ磐田からの公式のオファーを拒絶した。

ジュビロ磐田の現在の監督アヂウソンAdílsonは、2006年にフィグェイレンシFigueirenseにいて選手を指揮しており、指名の責任者である。

ソアレスSoaresと彼の叔父はフルミネンシFluminenseのサッカー担当コーディネーターのブランコBrancoと会って、オファーがあることを明らかにした。
それで、ソアレスは朝のトレーニングにでなかった。
役員は状況を検討し、オファーを受けないことを決めた。
主な理由は、フルミネンシはジュビロ磐田が提示した金額の20%の権利しか持っていないからである。

フルミネンシFluminenseの役員の意向は、ソアレスを契約終了までクラブに残し、将来の交渉のためにソアレスの価値を上げることである。
契約は今年の12月に終了する。

-----------------------------
6百万ユーロとは凄い金額だ。

でも20%しか入ってこないのであれば、いくら金欠のフルミネンシでも見送りか。

ソアレスは、本名Hiziel Souza Soares。
1985年5月16日、アマゾニア州マナウス生まれ。
身長174センチ、67キロ。

2005年からフィグェイレンシにいて、2007年からフルミネンシ。
2005年は、フィグェイレンシに来てブラジル選手権では1試合に出場で得点がないが、
2006年は活躍していた。

|

« ブラジル・サンパウロの「巨大広告」 その9 景観汚染。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その24 ロマリオは、最後のキッカーだったが。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14066447

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007始動 その102 フルミネンシはジュビロ磐田のオファーを拒絶。:

« ブラジル・サンパウロの「巨大広告」 その9 景観汚染。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その24 ロマリオは、最後のキッカーだったが。 »