« ブラジル・サッカー:2007始動 その99 マルキーニョスは最初に死ぬ人間になりたくない。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯2007 その3 ブラジル勢、アウェーで負けず。 »

sábado, 17 de fevereiro de 2007

サッカー・サンパウロ州選手権2007 その25 ニウマールは、エーメルソン・レオン監督とはプロの関係。

コリンチャンスCorinthiansのFWニウマールNilmarとエーメルソン・レオンEmerson Leão監督を夕食に招待はしない。
ニウマールは、2月15日(木)にエーメルソン・レオン監督との関係は実際よいものではないと認めた。

「仕事の関係。 自分は自分の義務を果たすまでである。 エーメルソン・レオン監督に、いい状態にあることを見せられることを期待している」と、ニウマールは明言した。

2006年8月にエーメルソン・レオンが監督に就任したとき、ニウマールNilmarはケガをしていた。
昨年は、エーメルソン・レオン監督はニウマールを応援し、ニウマールの回復を第一としていた。

しかし、今年の1月初めにニウマールがジャリヌJarinuでの合宿を出た後から状況は変わった。
エーメルソン・レオン監督は、ニウマールの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaを批判し、ニウマールを控えにすると脅した。

この何週間か前に新たな論争が起きた。
エーメルソン・レオン監督は、ニウマールが彼にMSIの社長キア・ジョオラビシアンKia JoorabchianがニウマールをずっとコリンチャンスCorinthiansには残さないと言ったと言った。

「自分はそのころについては話をしない。 混乱をさせた。 今何か言うと、土曜日にプレイもできなくなる」と、ニウマールは明言した。

--------------------------
選手が、監督との関係を仕事上の関係と言うときは、
それ以外の話はしないということ。

つまり、仲が悪いということである。

エーメルソン・レオン監督は、
ブラジルのサッカーの問題に代理人の存在をあげている。
代理人が動きすぎて、選手がどんどん移籍し、チームが安定しない。

監督としては、チーム作りができないということ。

|

« ブラジル・サッカー:2007始動 その99 マルキーニョスは最初に死ぬ人間になりたくない。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯2007 その3 ブラジル勢、アウェーで負けず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13945134

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2007 その25 ニウマールは、エーメルソン・レオン監督とはプロの関係。:

« ブラジル・サッカー:2007始動 その99 マルキーニョスは最初に死ぬ人間になりたくない。 | Main | サッカー・リベルタドーレス杯2007 その3 ブラジル勢、アウェーで負けず。 »