« ブラジル・サッカー:2007始動 その101 コリンチャンスはまだ左SBとDFを求めている。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その9 カルナヴァルのダニエラ・シカレリ。 »

segunda-feira, 19 de fevereiro de 2007

サッカー・サンパウロ州選手権2007 その29 ニウマールがPKを蹴らなかった理由。

FWニウマールNilmarは、2月17日(土)にジュンヂァイJundiaíで行われた対パウリスタPaulista戦でコリンチャンスCorinthiansのユニフォームを着てグラウンドに復帰ししたときに1ゴールをするところだった。

後半早々、ウィルソンWilsonがペナルティーを得た。
しかし、このPKを蹴ったのはボランチのマルセロ・マットスMarcelo Mattosだった。
ニウマールは理由を説明した。
20070217e
(参考画像)

「今週のペナルティーの練習をしたときには自分はいなかった。 足にまめが出来て、ロッカールームにいた。 マルセロ・マットスで正しい」と、ニウマールは明言した。

ニウマールは、前半にもネットを揺らした。
ジェアンJeanからパスを受けた後である。

しかし主審のマルセロ・アパレシード・リベイロ・ヂ・ソウザMarcelo Aparecido Ribeiro de Souzaは、プレイの初めにオフサイドをとった。
ニウマールNilmarは、笛の後にプレイを続けたとしてイエローカードをもらった。

「自分は笛を聞いていない。 ジェアンJeanがボールを受けたときには。 ファンが大歓声を上げていた」と明言した。

------------------------
ニウマールは、7ヵ月ぶりの出場であった。

|

« ブラジル・サッカー:2007始動 その101 コリンチャンスはまだ左SBとDFを求めている。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その9 カルナヴァルのダニエラ・シカレリ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13982188

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2007 その29 ニウマールがPKを蹴らなかった理由。:

« ブラジル・サッカー:2007始動 その101 コリンチャンスはまだ左SBとDFを求めている。 | Main | ブラジルのダニエラ・シカレリ その9 カルナヴァルのダニエラ・シカレリ。 »