« ブラジル・サンパウロの車"Fusion" | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その5 ロナウヂーニョとアレックスが外れた。 »

sábado, 3 de fevereiro de 2007

ブラジル・サンパウロの「全盛」

ブラジル・サンパウロは、日系移民やその子孫が多く住んでいる。

だから、日本語の看板も市内のあちこちでまだ見かける。

一世が、店を開いて、店名を付けた場合では、日本的感覚で付けてくれた。
だから、日本語でもそれらしい名前になっていた。
日本でも、その業種に相応しい名前になっていた。

もしくは、○○(経営者の苗字)○○(業種)店というわかりやすい名前が多くて、中に入りやすかった。
○○書店。
○○土産店。
○○食堂。
○○理髪店。

だが、もうそんな時代はとうに過ぎ去ってしまった。

いまや2世どころか3世が、日系人の中心になってきている。
まず、日本語など話せないし、まして読み書きなどできるわけもない。
だが、日本語を使ってみたいという気持ちがあるときもある。
ただし、ブラジル語を日本語の単語にしたといった使い方だ。

辞書を引いてみたのか、事情通に聞いて、適当な単語を拾ってきたとしか思えない。

サンパウロ市の北部のサンタナ地区。
北部の方では、商業集積地区である。

そこに、「全盛」という看板を見つけた。
Spd20070118b

業種は、基本的にはエステである。
日焼けサロンでもあるし、マッサージもやる。
メイクもやるみたいだ。
女性の身体を全般的にいじってくれるようだ。
Spd20070118c

それも、店の作りや、駐車している車や、訪れるお客を見ていると、かなりの高級店のようだった。
Spd20070118d

自分の感覚では、「全盛」と付けたオーナーの気持ちが分かるようでもあり、またしっくりと来ないところもある。

こういった日本語の使い方をした店を見かけるようになってきた。

|

« ブラジル・サンパウロの車"Fusion" | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その5 ロナウヂーニョとアレックスが外れた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13780920

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「全盛」:

« ブラジル・サンパウロの車"Fusion" | Main | サッカー・ブラジル代表 ポルトガル代表戦 その5 ロナウヂーニョとアレックスが外れた。 »