« サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その12 トレーニングに現れる。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 »

sábado, 10 de fevereiro de 2007

サッカー・サンパウロ州選手権2007 その18 第8節 パルメイラス対ブラガンチーノ戦。

サッカー・サンパウロ州選手権第8節のパルメイラス対ブラガンチーノ戦が、2月10日8度)18時10分から、サンパウロのパカエンブー競技場で開催された。

パルメイラスは、本来はパルケ・アンタクチカのパレストラ・イタリア競技場がホームであるのだが、スポーツクラブとしてのパルメイラスの評議員を決める選挙が行われるために、場所をパカエンブー競技場に変更した。

サンパウロは、曇りで、一時雨がぱらつくような天気であった。
試合が始まるころに、大雨になりそうであれば、行かないでおこうと思ったが、
いちおう雨は降りそうではなくなっていた。

本来、パカエンブー競技場はコリンチャンスが事実上のホームとして使っており、パルメイラスの姿を見ることはできない。
コリンチャンスとパルメイラスの対戦は、お互いのホームではなく、モルンビー競技場で行われるのが通常である。

こういう形で、1年に一度くらい、パルメイラスの戦いを見ても良いかと思い、試合開始前30分に行くことに決めて、出かけた。
いつもの観戦場所のチケットは、試合開催日にだけ開く窓口ですぐに買えた。

競技場は、土曜日の夕方の試合にもかかわらず、観客の入りはあまりよくなかった。
パルメイラスの調子が悪いからだろう。
Spd20070210fe

(パルメイラスの先発と控え)
Spd20070210fa
Spd20070210fb

(ブラガンチーノの先発と控え)
Spd20070210fc
Spd20070210fd

試合は、
ブラガンチーノが先制した。
前半開始後しばらくしてPKを得て、これを決めた。

パルメイラスの選手が、全くボールを触れなくて、もたもたしていた。
足が遅い。
DFが機敏ではない。

高い球を捕れない。

しかし、その後は持ち直してきた。

後半は、パルメイラスが攻撃を続けた。
1点を返した。
その後も攻撃を続けたが、全く入らない。

試合は1対1の同点で終わった。
Spd20070210ff

最初は、パルメイラスのファンから、パルメイラスのカイオ・ジュニオール監督と選手にものすごいブーイングが飛んでいたが、試合が終了したときには拍手をする人もいた。

カイオ・ジュニオール監督は、試合終了前に退場になった。

観客は、約8千人。

試合終了は、20時15分頃であった。
「20070210GN22-CP8-Palmeiras-Braganca.wmv」をダウンロード

------------------------------
エヂムンドは、筋肉の痛みを訴えており、出場はしていない。

2002年のワールドカップ時に優勝の元ブラジル代表のGKマルコスでもっているチームというのがよく分かった。
後は、試合を組み立てるSBパウロ・バイエルくらいか。

選手が小粒。

|

« サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その12 トレーニングに現れる。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13865139

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2007 その18 第8節 パルメイラス対ブラガンチーノ戦。:

« サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その12 トレーニングに現れる。 | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その95 ニウマールはまだ試合には出場しない。 »