« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その16 Mocidade Alegre | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その97 スポルチは、ジュビロ磐田とは交渉せず。 »

quarta-feira, 14 de fevereiro de 2007

サッカー・ブラジル代表 FIFAランキングの1位から転落。

2月6日(火)にポルトガルPortugalに負けた後、ブラジルBrasilは新たな災難に襲われた。
約4年半(55ヵ月)間FIFAランキングで1位を守ってきたブラジル代表は、1位の座をイタリアItáliaに奪われた。
ブラジル代表の1540ポイントに対し、イタリアは1562ポイントであった。

1月に発表された最後のランキングでは、ブラジルBrasilはイタリアAzzurraより28ポイント勝っていた。
永遠のライバルのアルゼンチンが近づいてきて、3位になり1535ポイントとなっている。
ブラジルBrasil人のフィリッピ・エスコラーリ監督率いるポルトガルPortugalは、8位で1262ポイントである。
1993年11月以来イタリアItáliaは1位になったことはなかった。

2月のランキングは、代表によって行われた87試合を計算した。
74試合が親善試合である。

これによって、ポルトガルPortugalへの敗北は、ブラジルBrasilの転落に重しとなった。

ランキングの最下位199位を占める0ポイントには、可能性を秘めた米領サモアSamoa Americana、東チモールTimor-Leste、ベリーズBelize、ヂブチDjibouti、サン・トーメ・デイ・ピリンシピSão Tomé e Príncipe、アルバAruba、ヴァージン諸島Ilhas Virgens、モンセラットMontserrat、グアムGuamの代表がいる。

----------------------------
1位を続けていたときにはあまりニュースになっていなかったが、
1位を陥落すると大きなニュースになった。

2002年のワールドカップに優勝して以来、フランスに替わってずっと続けていた1位である。

Spd20070214a_1
Spd20070214b_1

ブラジル代表に関して、今最も大きな問題となっているのはドゥンガ代表監督のファッションである。
とても関心をもたれている

|

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その16 Mocidade Alegre | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その97 スポルチは、ジュビロ磐田とは交渉せず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/13917868

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 FIFAランキングの1位から転落。:

« ブラジル・サンパウロのカルナヴァル2007 その16 Mocidade Alegre | Main | ブラジル・サッカー:2007始動 その97 スポルチは、ジュビロ磐田とは交渉せず。 »