« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その53 コリンチャンスのウィルソンは、2010まで契約延長。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その1 エルトン、ルーマニアでのデビューをゴールで飾る。 »

segunda-feira, 19 de março de 2007

ブラジル・サンパウロの公園 その11 Parque Anhanguera。

ブラジル・サンパウロ市の緑地環境局が2006年に発行した”Mapa Verde緑の地図”によると、サンパウロ市営の公園は、32箇所である。

これらの公園を順に紹介している。
紹介は、”緑の地図”に振られている番号に沿っていく

番号は、サンパウロ市の東部の公園から始まっていて、これらの公園の紹介は終わった。
これからは、サンパウロ北部の公園になる。
7番は、アニャンゲーラ公園Parque Anhanguera。

面積:9.500.000m²
開園:1979年

元々はサンタ・フェ農場Sítio Santa-Féで、1978年にサンパウロ市によって再び植樹された。
サンパウロ市営公園もっとも大きな公園である。
以前は、公園のエリアはマタ・アトランチカ(=大西洋林)の典型的な樹種からなっていたので、鳥類もそういったところに生息するものがいる。
袋ネズミ、鹿、アルマジロtatus、天竺ネズミ、カピバラcapivaras、ハナグマ、ハリネズミなどの動物相がある。
湿地や川には、爬虫類や両生類がいる。
ラン園もある。 森に住む動物の獣医院もある。

住所   :Av. Fortunata Tadiello Natucci, 1000 - (Km 24,5 Via Anhanguera) Perus
電話   : (11)3917-2406
開園時間: 6h às 18h


サンパウロ市の中心部から直線で22キロも離れた北西部にある。
サンパウロの市街地はもう終わっている。

確かに大きな公園ではあるが、その割には施設は多くない。

主な設備は、散策路、器械体操器具、多目的コート、遊び場、森、ラン園、ピクニック場、サイクリング路。

駐車場は園内に、数十台は止められるスペースがある。

Google_mapで、公園を見てみる。(衛星写真なので、高低差は把握できない。)
Spd20070316pgma

サンパウロ市の西北端の市境にあって、確かに公園域は、広大である。
東西方向では5キロ、南北方向でも2キロ以上もある。

まさに現在、市街地化しつつあるところでもある。
わずかにむかしからの別荘地があるが、多くはファヴェーラもしくは下層の住宅からなっている。

東側のペルースPerusは、昔からの集落であるが、その南には広いファヴェーラ(=貧民窟)がある。
またペルースの南に見える裸地は、サンパウロ市のゴミ処理施設の一つである。

公園の入り口は、1箇所しかない。
近隣の住宅からも1キロ以上離れている。
現実的に考えて、車でしか行く方法がないところである。

-----------------------------
公園に行ってみた。

この公園は、広い面積を誇っているのだが、
実際に普通の来園者が利用できる面積は、わずかである。
唯一の入り口から入って、すぐに駐車場があるのだが、そこから奥に1キロもない。
Spd20070316pgmc

そこに、施設は全て集中している。

そこは小高い丘になっていて、平らなところはほとんどない。
少し離れた多目的コートに行くのは、緩やかに下り、そしてまた登らなくてはならない。
多目的コートの先にも道は森の中に続いているのだが、進んで良いのかいけないのかの表示がない。
ずんずんと進んでいったのだが、15分も歩くと行き止まり結局何もなかった。
Spd20070316pgmb

サイクリングコースの案内が、駐車場の脇にあったが、これがこの公園の実質的な範囲と考えてよい。
Spd20070223pagc

このサイクリングコースも、アップダウンがかなりある。
コースはそれほど広くはない。 カーブもきつい。
スピードを出すと危険だろう。
木にぶつかるか、谷に落ちるだろう。

公園の入り口。
この入り口の前には、いつも移動販売車が2-3台止まっている。
売っているのは、飲料とホットドッグくらいである。
Spd20070223pagj

入り口の脇にある、サンパウロ市営公園に共通なデザインの公園名の表示板。
それなりに痛んでいる。
カピバラが、この公園のシンボルになっている。
Spd20070223pagi

車でそのまま奥に入っていくことになる。
Spd20070223pagh

駐車場。
非舗装である。
Spd20070223paga

駐車場から上がって行く道。
施設はこの奥に広がっている。
Spd20070223pagb

管理事務所の前に碑があった。
Spd20070223page

この公園が出来た1979年に、開園を記念したものだ。
"Recanto SACI-PERERE"と書いているが、この場所の名前のようだ。
確かに気持ちはいい場所だ。
”サッシペレレ”も出てきそうだ。
Spd20070223pagd

遊び場。規模は小さい。
Spd20070223pagg

ピクニック場。
これは、とても充実している。
20-30はあるだろう。
規模も色々だ。
小家族から、大きなグループまでが楽しめる。
四角いのは竈である。
肉が焼けてでてくる煙が、良い匂いを運んでくる。
Spd20070223pagf

これは誕生日会をしていたグループである。
ピングのテーブルには、誕生日ケーキがあった。
Spd20061022paga

小ステージもある。
ギターの演奏をしていた。
Spd20061022pagb

--------------------------------
この公園の評価。

広いという事で期待していたのだが、失望した。
実際に使える面積はわずかである。

市街地から離れているので、ほとんどの人が車で来ている。
言い方を変えると、車を所有している程度の人が来ている。

すぐ近くでもないファヴェーラからは歩いてくるものもいるかもしれないが、公園にアプローチする道を歩いている人は見かけなかった。
東側のペルーシからは、若者が車をヒッチハイクをしようとしていた。
ペルーシ側からは距離もあるし、高低差もかなりある。
路線バスも走っているのだが、そのバスに乗る費用がでないのだろう。

この公園の施設でめぼしいものは、ピクニック場だけである。
ほとんど全ての人が、このために来ているようだ。
シュラスコを食べるためである。

これをしなければ、この公園に来る意味は全くない。

日曜日でも、訪れる人はそれほど多くない。
とにかく、シュラスコをする人だけである。

やることといえば、満腹になったあとに、子供と遊び場に行ったりするくらいだ。

山歩きをする人はほとんどいない。
道は、サイクリングロードと多目的コートの方行く道しかない。
色々な動物が、この公園にいるといっても、この範囲で見かけることができる動物は知れている。

この範囲は公園でも高いところにあるので、川も湿地もない。

管理事務所に頼んで、もっと他のところを歩きたいとなると、ガイドが必要という事になる。

この公園に来てシュラスコをする人たちに、ほとんど白人はいない。
これが現実だ。

子供の誕生日に”ブッフェ”という会場を借りる事が出来ない人や、肉を食べたいときに”シュラスカリア”にいけない階層が来ていると考えた方が良さそうだ。
戸外で、森の中で、快適だから、ここに来ているというのは、ブラジル的な理解ではない。

駐車場に止まっている車を見ても、そういった階層であることを示していた。

いうまでもなく、日系人は影も形もない。

といって、この公園でシュラスコを食べて、楽しい休日を過ごしている家族連れやグループの人たちはごく普通の市民で、善良な方々に決まっている。

自然に親しめると思ってくるとこの公園は、かなり失望させられるところであるが、
シュラスコをしようと人数を揃えて来るのは悪くない。

ただただダラダラと食べて、ダラダラと話をする、ブラジル人的な時間の過ごし方が出来る人は、この公園に来ても良いかもしれない。
食べたあとに、何かしようと思っても何もする事はない公園である。

人が多いピクニック場を離れると人がグンと減る。
少人数で、奥に入っていくべきではない。

奥の先には、もしかしたら危険が待っているかもしれない。

--------------------------------
この公園へのアプローチは次の通り。

サンパウロ市中心部から、マルヂナル・チエテもしくはマルヂナル・ピニェイロスを使い、アニャンゲーラAnhangueraにはいる。
※もちろんアルト・ダ・ラッパAlto da Lapaあたりからアニャンゲーラにはいるのが近道である。

アニャンゲーラをずっと進み、ロダネルRodanelとのジャックションを通り過ぎ、二つ目の出口24.5キロを右に行く。
道なりに行くと公園入口がある。

バンデイランチからは行く事出来ない。

帰りも来た道を戻るのか一番簡単である。

こういった高速道路を使いたくない人は、ペルースを通って、サンパウロの北部を抜ける一般道を使う事も出来る。
しかし、途中に酔いが覚めるような地区もあるので、要注意。
ここでは紹介しないでおく。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その53 コリンチャンスのウィルソンは、2010まで契約延長。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その1 エルトン、ルーマニアでのデビューをゴールで飾る。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14314744

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その11 Parque Anhanguera。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その53 コリンチャンスのウィルソンは、2010まで契約延長。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その1 エルトン、ルーマニアでのデビューをゴールで飾る。 »