« ブラジル・サンパウロの雛祭り。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その101 最後に残っていた作品が撤去された。 »

sexta-feira, 2 de março de 2007

新・ブラジル・サンパウロは「夏」 その11 カルナヴァルが終わると復活祭。

ブラジル・サンパウロは、この3-4日ほど暑い。
最高気温が30度を超えている。
夜になっても、気温があまり下がらない。
Spd20070302a

おまけに湿度が低くて喉が渇く。
何か肌がひりひりする。

日本のような蒸し暑さがないので、
汗がダラダラ出て来て、べたつくことはない。

カルナヴァル(=カーニバル)がおわって、10日間ほどたった。
12月からの休暇シーズンももういくらなんでも終わりだ。
とるべき人は、すでに取り終わっているはずだ。

当たり前のことだが、カルナヴァル(=カーニバル)はキリスト教のお祭りである。
それも復活祭に関係する。
復活祭は、パスコア(=イースター)という。

カルナヴァル後から復活祭までの日々は、本来はお肉を食べずに静かに過ごすことになっているのだが、この時代はそういう人もあまりいないようだ。
このパスコアも、しっかり商業主義に染まっている。

早速、スーパーの展示が切り替わった。
卵形のチョコレートが、例年のように棚にぶら下がった。
Spd20070225f

まだ、買い求める人は多くないが、品定めはしている。
早く買わないと、直前では売りきれるものがある。
子供の好きなのを買いそびれると、一生恨まれることになる。
Spd20070225g

2006年は、ワールドカップ・ドイツ大会をうけて、サッカーものが多かったのだが、今年はそういうこともない。
新製品というものもないようだ。

価格は、昨年より5%も上がっているそうだ。
Spd20070225h

このタマゴが余りやすくない。
それが、贈答用としてもどんどん売れるのだから、、ブラジルの贈り物文化も過熱気味である。

こういったスーパーで売っているものはまだ安い方で、
チョコレート専門のものは目の玉が飛び出るほどと言っても大げさではない。

すごすごと引き下がるだけだ。

|

« ブラジル・サンパウロの雛祭り。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その101 最後に残っていた作品が撤去された。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14112462

Listed below are links to weblogs that reference 新・ブラジル・サンパウロは「夏」 その11 カルナヴァルが終わると復活祭。:

« ブラジル・サンパウロの雛祭り。 | Main | 第27回サンパウロ・ビエンナル その101 最後に残っていた作品が撤去された。 »