« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その38 パウリスタの笠原健太がベンチ入り。 | Main | 索引:ニウマール »

segunda-feira, 5 de março de 2007

サッカー・サンパウロ州選手権2007 その39 ニウマールは手術へ。

疑いは本当だった。
コリンチャンスCorinthiansのFWニウマールNilmarは、3月4日(日)16時からモルンビーMorumbi競技場で行われたサンパウロ州選手権第11節の”クラシコ”のパルメイラスPalmeiras戦左膝の関節を痛めた
その場所を手術することになる。

ニウマールの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaによると、ニウマールはグラウンドから4-5ヵ月は離れることになる。
コリンチャンスの医師のパウロ・ダ・ファリアPaulo de Fariaによると期間は7-8ヵ月である。

この木曜日にリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで、ニウマールNilmarはフラメンゴFlamengoとブラジル代表seleção brasileiraの医師であるジョゼ・ルイス・ルンコの診察を受ける。
ジョゼ・ルイス・ルンコは昨年7月にニウマールの右膝の手術をし、新たな手術するかどうかを決定する。

「膝はまだとても腫れている。ニウマールNilmarは氷による手当を受けている。 木曜日までに、ジョセ・ルイス・ルンコが金曜日に手術をするかどうか決まる」と、オルランド・ダ・オーラOrlando da Horaは明言した。

ニウマールNilmarは、2006年7月16日に”クラシコ”のパルメイラスPalmeiras戦で右膝の怪我をした。
ニウマールがグラウンドに戻ったのは7ヵ月後であった。
しかしオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaはニウマールはコリンチャンスで試合があれば12月にも戻ることが出来たと明言した。

ニウマールは、モルンビーMorumbi競技場を出るときはとても泣いていたが、もう落ち着いたと、オルランド・ダ・オーラは言った。

「ニウマールは適応した。冷静である。 プロである。しかし、膝のひどいケガのためにニウマールを支えて持ち上げる必要がある」と、オルランド・ダ・オーラは明言した。

-----------------------------
ニウマールは、すっかり不幸にとりつかれてしまったようだ。

手術をし、リハビリをすることになるのだが、グラウンドに戻るのは、2007年の末になるだろう。

このところ5試合に出場したのだが、結局1年以上試合から離れるも同然になる。

かつてのニウマールに戻るのは、2008年になるだろう。

コリンチャンスとの契約は、「口約束」しかないが、今年の6月までである。

復帰戦は、どこのチームのユニフォームを着ることになるのだろうか。
1年以上プレイしていないことになるニウマールの価値はかなり落ちることになる。
それどころか、ニウマールを拾ってくれるチームはあるのだろうか。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その38 パウリスタの笠原健太がベンチ入り。 | Main | 索引:ニウマール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14155562

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・サンパウロ州選手権2007 その39 ニウマールは手術へ。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その38 パウリスタの笠原健太がベンチ入り。 | Main | 索引:ニウマール »