« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その46 コリンチャンスが1かヵ月試合をしない可能性。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その47 第11節 ジュヴェントス対サンパウロFC戦 観戦2。  »

sábado, 10 de março de 2007

サッカー・ブラジル代表 チリ代表戦・ガーナ代表戦 その3 ドゥンガ代表監督はスタイルを変えない。

ドゥンガDunga代表監督のスタイルとは、もちろん試合における服のことである。

3月8日(木)に、チリChileとガーナGanaとの親善試合に招集するブラジル代表選手のリストを発表したあとに、ドゥンガ代表監督はいつもの服を着続けると言った。

ポルトガル戦Portugalでは、シャツだけに文句がつけられて、チームについては誰も話さなかった。 それは良い。 グラウンドで我々がよかったという印である。 毎日着ている服を使用し続ける」
Spd20070308b

ドゥンガ代表監督は招集の発表の時に、服について質問されても不満を見せなかった。
しかし、問題の重要性について批判した。

「みんなは変更は、進歩や、近代化について離す。 しかし誰かがちょっと変わったことをすると世界がひっくり返るかのようだ。 スタイリストに聞いた。 サッカーの監督はジャージが背広にネクタイをする。 どうして。 自分は他のものを着たいのだが」

ドゥンガDunga代表監督は、着ていたシャツがドゥンガのスタイルに合わないと言う人を批判した。

「スタイル。 自分のことを知っている人は、せいぜい、選手としてである。 自分の娘以上に自分を知っている人がいるか。 問題は批評家がドゥンガについて勝手なイメージをつくっていることである。 自分が考えていることについて語り、そしてそういったことと同じように考えるように変わらなくてはならないのか」

-----------------------------
ドゥンガ代表監督の着ている服は、服飾の勉強をしている娘の見立てである。

娘のことなので余計にむきになっているとしか思えない。

いずれにせよ親善試合でのドゥンガ代表監督のファッションには大注目である。

でも、ポルトガルとの親善試合後のドゥンガ代表監督の服は随分と控えめなのも事実。
発言とは裏腹に気にしているのかもしれない。
Spd20070308d

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その46 コリンチャンスが1かヵ月試合をしない可能性。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その47 第11節 ジュヴェントス対サンパウロFC戦 観戦2。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14211465

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 チリ代表戦・ガーナ代表戦 その3 ドゥンガ代表監督はスタイルを変えない。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その46 コリンチャンスが1かヵ月試合をしない可能性。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その47 第11節 ジュヴェントス対サンパウロFC戦 観戦2。  »