« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その95 笠井健太選手、ベンチ入りせず。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その96 第17節 コリンチャンス対セルタンジーニョ戦 観戦。 »

sábado, 21 de abril de 2007

ブラジル・サンパウロの公園 その34 Parque Lina e Paulo Raia。

ブラジル・サンパウロ市の緑地環境局が2006年に発行した”Mapa Verde緑の地図”によると、サンパウロ市営の公園は、32箇所である。

これらの公園を順に紹介している
紹介は、”緑の地図”に振られている番号に沿っていく

番号は、サンパウロ市の東部の公園から始まっており、東部、北部西部および中心部の公園の紹介はすでに終えた。
サンパウロ市の南部の公園を紹介している。
”緑の地図”による27番は、リナ・イ・パウロ・ライア公園Parque Lina e Paulo Raia。

面積:15.000m²
開園:1980年

リナ・イ・パウロ・ライア公園は、芸術家の言葉による、サンパウロで唯一の美術スクールとして、市営美術学校を開設している。
5歳から12歳迄の子供をみている教師は、学校ではあるが、自身の経験を加えている芸術家達である。

住所: Rua Volkswagen, s/n - Parque Jabaquara - (perto do metrô Conceição)
電話: (11)5017-6522
開園時間: 7h-18h

サンパウロ市の中心部セントロから直線で南に11キロ離れた南部にある。

主な設備は、遊び場、散策路、サイクリング・ロード、原生林。
駐車場はない。

Google_mapで、公園を見てみる。(衛星写真なので、高低差は把握できない。)
※サンパウロの公園の紹介で使用しているgoogle mapはすべてクリックすると拡大する。
Spd20070418plpc

敷地はかなり狭い公園である。

この公園は、
地下鉄のコンセイソン駅に隣接している。
地下鉄の出入り口と公園の入り口まで、目と鼻の先である。

東側が高く、西側に向かって徐々に下がっていく。

また駅の付近には、イタウグループの業務ビル群などが立ち並んで、
この公園を取り囲んでいる。

入り口は、3箇所。

駐車場はない。
さらに、この公園の北側の道路を挟んで業務ビルがあり、この道には駐車は困難である。
南側の入り口に行く道路の南東側は住宅街になっているが、
その向かい側にわずかに路上駐車が可能である。
住宅側は、間口が狭いため、それぞれの家の駐車場入り口でいっぱいである。

どうしても車の駐車させようとすると、公園から離れたところでないと路上駐車するところはないだろう。

路上駐車は諦めて、駐車場に止めた方がよいだろう。

入り口付近は住宅地のなので路上駐車は十分に可能である。

---------------------------
この公園に行ってみた。

公園の南側にある散策路の橋。
Spd20070119plpa

橋の下は、ちょっとした広場になっている。
Spd20070119plpc

公園の散策路は、どこもそれほど広くはない。
Spd20070119plpb

公園北側の道路から、コンセイソン駅を望む。
この道は駅で行き止まりになっている。
Spd20070119plpd

公園の管理事務所。
Spd20070119plpe

南側の入り口にあった
サンパウロ市営公園に共通な公園名称表示板。
Spd20070119plpf

公園の内部。
Spd20070119plpg

集会場と思いきや美術学校。
中には作品がいっぱい飾ってあった。
「絵画」と言うよりは「お絵かき」だが。
Spd20070119plph

公園の内部。
Spd20070119plpi

公園の内部。
Spd20070119plpj

散策路、
南側の花壇はよく手入れされている。
Spd20070119plpk

遊び場。
Spd20070119plpl

南側の入り口。
この道もこの入り口で行き止まりになっている。
Spd20070119plpm

公園南側付近の住宅街。
浮浪者が座っていた。
Spd20070119plpn

---------------------------
サンパウロの歴史的中心部セントロから、
このリナ・イ・パウロ・ライア公園に行く方法は非常に簡単である。

リベルダーヂ大通り、ヴェルゲイロ通り、ドミンゴ・ヂ・モライス大通り、ジャバククアラ大通り、ドットール・ウーゴ・ベオルチ大通りをと名前は変わるが、一直線に南下するだけである。
地下鉄コンセイソン駅の先で右に曲がり、
エンジネイロ・ジェオルジ・コリビシシエル大通りに入る。

さらに、サルゲイロ・アンテリオール・テイシェリーア通りにはいる。
そして、サルゲイロ・トーマス・ヂ・メデイロ通りの突き当たりが公園の南側の入り口になる。

戻りは、
サルゲイロ・トーマス・ヂ・メデイロ通りを戻り、
サルゲイロ・アンテリオール・テイシェリーア通りを右折し、
ドットール・ルイシ・ロッシャ・ミランダ大通りに入る。
さらにエンジネイロ・アルマンド・ヂ・アフーダ・ペレイラ大通りを東に曲がり、
ドットール・ウーゴ・ベオルチ大通りを北に向かう。
Spd20070418plpa_1

---------------------------
この公園は、サンパウロを南北に結ぶ、最も古い地下鉄のコンセイソン駅に隣接している。

コンセイソン駅の周囲に、イタウ系の業務ビル群が並んでいるが、
それを除くと基本的には住宅地である。

地下鉄沿線は、その交通の便の良さから、
近年どこもアパートが建ち並んできているが、
このあたりも例外ではない。
中の中程度のアパートが多い。

住宅地そのものは、中の中から中の下といったところが多い

北はバンデイランチス大通り、東はイミグランテス、そして西側にはコンゴニアス空港があり、
この地区は、その方からは完全に隔絶している。

基本的に、地下鉄が地下を走っている道路は尾根道である。
この道を境に、東西に土地が徐々に低くなっていく。

よってこの公園も、地下鉄が走っている道よりは一段下がっているが、
周囲から見ると高い方にある事になる。

このコンセイソン駅の次の駅が終点のジャバクアラ駅で、
そこから南はもうファーヴェーラが広がっている。

この公園のあたりだと、低地や河道に面したところに小さなファヴェーラが点在している。

このコンセイソン駅あたりまでが、
一般の人が住んでも、まだ問題がないところであろう。

ジャバクアラ駅以南には、入り込まない方がよい。
Spd20070418plpb

---------------------------
この公園の評価は次の通り。

イタウ系ビルに入っている企業を訪れたあとに息抜きで、ちょっとだけ入り込む程度で十分。
それ以外には、全く価値はない。

公園全域が森になっていて、
中にはいると涼しくなる。
ベンチに座って、しばし休息するには良い。

遊び場も小さい。

駐車場所も限られている。

北側の通りは、平日は人通りも多いが、
休日と閑散とする。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その95 笠井健太選手、ベンチ入りせず。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その96 第17節 コリンチャンス対セルタンジーニョ戦 観戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14805194

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その34 Parque Lina e Paulo Raia。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その95 笠井健太選手、ベンチ入りせず。 | Main | サッカー・サンパウロ州選手権2007 その96 第17節 コリンチャンス対セルタンジーニョ戦 観戦。 »