« ブラジル・サッカー:2007 その21 監督交代の波2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その2 コリンチャンスの初戦はモルンビー競技場で。 »

sexta-feira, 27 de abril de 2007

サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その74 セルソ・ロッチ監督との話。

セルソ・ロッチCelso Roth監督とロマリオRomárioは、4月26日(木)の午後話をした。
この話し合いを認めたのは監督自身である。

ロマリオBaixinhoは火曜日に約束していた時間よりも約1時間早くやってきた。
ロマリオのプログラムについて合意するためである。
セルソ・ロッチ監督は結果に満足している事を見せた。

「話の中身は我々の事である。 全てまとまった事を保証できる。 とても良くなる。 ロマリオの状況について計画はしていた」と明言した。

性格が強い事で知られているセルソ・ロッチCelso Roth監督と気むずかしい事で有名なロマリオRomárioの関係は、最初の段階ではリスクはないようである。
セルソ・ロッチ監督によると、2人の間に問題は無いという。 ヴァスコ・ダ・ガマのために一緒にやっていく事が最も重要である。

「人の間のぶつかり合いは性格によるものではない。ロマリオは自分と同じでももう子供ではない。 ヴァスコ・ダ・ガマのために我々は助け合っていく」

セルソ・ロッチCelso Roth監督は、ロマリオRomárioがヴァスコ・ダ・ガマでプレイするのが幸せである事、クラブにやってきてチームのためにつくすことが重要であると強調した。

--------------------------------
セルソ・ロッチ監督のほうが、位負けしている事はないと思うが。

|

« ブラジル・サッカー:2007 その21 監督交代の波2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その2 コリンチャンスの初戦はモルンビー競技場で。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14871378

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その74 セルソ・ロッチ監督との話。:

« ブラジル・サッカー:2007 その21 監督交代の波2。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その2 コリンチャンスの初戦はモルンビー競技場で。 »