« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その10 インテルナシオナウ、勝利。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その29 Parque Tenente Siqueira Campos (Trianon) »

sexta-feira, 13 de abril de 2007

ブラジル・サッカー:2007 その8 コリンチャンスのアルベルト・ドゥアリビ社長は新監督について打ち消した。

コリンチャンスCorinthiansの社長のアルベルト・ドゥアリビAlberto Dualib、レナット・ドップRenato DupratラそしてニウマールNilmarの代理人オルランド・ダ・オーラOrlando da Horaの間で、パウロ・セーザル・カルペジアーニPaulo César Carpeggiani監督との契約に合意する会議が、4月12日(木)の夜に行われた。

コリンチャンスTimãoの新監督が決定するす可能性がある事で、サンパウロのマスコミが会議が行われたこのホテルに向かった。

しかし、アルベルト・ドゥアリビはパウロ・セーザル・カルペジアーニがコリンチャンスの指揮を執るために契約をするという可能性を打ち消した。

「今のところ、我々は交渉していない。 今まで、そんな名前は聞いていない。 何もない。 自分も驚いている」と言った。

たまたま、この会議で、オルランド・ダ・オーラOrlando da Horaがコリンチャンスの役員達にパウロ・セーザル・カルペジアーニの履歴書currículoを見せた。
アルベルト・ドゥアリビを揺り動かすものはなかった。
アルベルト・ドゥアリビ社長はコリンチャンスに最も近いのはインテルナシオナウInternacionalのアベル・ブラーガAbel Braga,だと明らかにした。

「他の名前は考えていない。 我々が欲しがっている監督は雇われている。 反応を待っている」と明言した。

2004年にコリンチャンスを指揮したチチTite監督について問われて、アルベルト・ドゥアリビは賞賛した。
しかしコリンチャンスにやってくる可能性については話すのを避けた。

「自分は彼が好きだ。 コリンチャンスCorinthiansに来る監督はみんな自分の友達になる。 この水の飲むかについては話せない。”Não digo que desta água não beberei”」と言った。

---------------------------
パウロ・セーザル・カルペジアーニについては、どうもガセネタだったようだ。

人騒がせのような。

それにしても、コリンチャンスの監督選びには時間がかかりすぎだ。

次から次に監督を使い捨てるので、駒がいなくなったのだろう。

|

« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その10 インテルナシオナウ、勝利。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その29 Parque Tenente Siqueira Campos (Trianon) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14665804

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007 その8 コリンチャンスのアルベルト・ドゥアリビ社長は新監督について打ち消した。:

« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その10 インテルナシオナウ、勝利。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その29 Parque Tenente Siqueira Campos (Trianon) »