« サッカー:ニウマールの行方 その14 またコリンチャンスと揉め始めた。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その31 Parque Independência。 »

quarta-feira, 18 de abril de 2007

ブラジル・サッカー:2007 その16 横浜マリノスが、マグロンの件を協議。

ボランチのマグロンMagrãoの残留の物語の新しい章が、近々コリンチャンスCorinthiansで始まる。

マグロンの所有権者である横浜マリノスYokohama Marinosの代理人が、マグロンの状況を解決するためにブラジルBrasilを訪れるだろう。

マグロンMagrãoはコリンチャンスTimãoとは8月までの契約がある。
しかし、横浜マリノスはマグロンのを最終的に自由にする事に合意する事を早めたい。そのためには、コリンチャンスにはとても高くなったと考えられる8.5百万レアル(=約5億円)を要求する。

「自分は諦めていない。 ここにいる限りは、希望を持っていたい。 契約が終了したあとはここにいる事は出来ない。 それを知っているから、コリンチャンスCorinthiansはそれをすぐにでも解決するためにマリノスMarinosと話をする」と、マグロンは明言した。

ブラジルにいたいと望んでいるにもかかわらず、マグロンMagrãoはレンタル期間が終了したあとに日本のサッカーに戻る事を打ち消してはない。

「ここにいて幸せである。 しかし、彼らと契約に署名した。 戻らないと話す事は出来ない。 多くの人がコリンチャンスCorinthiansが解雇リストを作っているという。 しかし自分はここにいるという。 それは自分をとても満足させている」と締めた。

---------------------------
コリンチャンスは、とても支払えません。

|

« サッカー:ニウマールの行方 その14 またコリンチャンスと揉め始めた。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その31 Parque Independência。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007 その16 横浜マリノスが、マグロンの件を協議。:

« サッカー:ニウマールの行方 その14 またコリンチャンスと揉め始めた。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その31 Parque Independência。 »