« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その85 マルセロ・マットスも移籍か。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その60 ブラジル代表引退試合。 »

segunda-feira, 9 de abril de 2007

サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その59 レナット・ガウーショ監督の地位が危うい。

ヴァスコ・ダ・ガマが悪い時の謝罪は沢山だ。
レナット・ガウーショRenato Gaúcho監督への役員の忍耐も終わりに近づいた。
4月8日(日)のロマリオRomárioの強い宣言は、サン・ジャヌアリオSão Januárioにおけるレナット・ガウーショ監督の孤立状況を強めた。
Spd20070407h
(参考画像)

ヴァスコ・ダ・ガマは4試合勝利がなく、3連敗を続けている。
ブラジル杯Copa do Brasil での敗退とリオ杯Taça Rioの準決勝への危うい進出もそれに加わる。

多くの選手は敗因を選手のせいにするレナット・ガウーショ監督の”エゴセントリックegocêntrico”な行動と文化に対して不満足である。
ロマリオは問題を公にした最初の選手になった。
この日曜日に、ロマリオRomárioは、監督が不満であれば社長のエウリコ・ミランダEurico Mirandaに出て行きたいと願うべきだと言った。

この日曜日で、レナット・ガウーショ監督はヴァスコ・ダ・ガマで128試合を指揮した。
そして、30敗目である。
レナット・ガウーショ監督は2005年6月にヴァスコ・ダ・ガマにやってきて、今までまだタイトルを取っていない。

----------------------------
レナット・ガウーショ監督は、ブラジルの大きなクラブの監督としては、現在もっとも長期に監督の座にいる監督である。

かつては、グレミオのFWである。
トヨタカップでグレミオが優勝したときの選手の1人である。

ブラジル代表にもなったが、ワールドカップには出場していない。

ヴァスコ・ダ・ガマを辞めても、コリンチャンスの監督の声がかかっているらしいので、行き先はある。

|

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その85 マルセロ・マットスも移籍か。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その60 ブラジル代表引退試合。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/14630295

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その59 レナット・ガウーショ監督の地位が危うい。:

« サッカー・サンパウロ州選手権2007 その85 マルセロ・マットスも移籍か。 | Main | サッカー:ロマリオ、1000ゴールへの道。 その60 ブラジル代表引退試合。 »