« ブラジル・サンパウロをローマ法王がご訪問。 その5 通知。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2007 その2 »

quarta-feira, 9 de maio de 2007

ブラジル・サンパウロをローマ法王がご訪問。 その6 到着。

5月9日(水)16時28分、ローマ法王ベント16世(=ベネディクト16世)が、ブラジル・サンパウロ州グァリューリョス国際空港に到着し、タラップを下りて、第1歩を踏んだ

ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダシウヴァの出迎えを受けて、到着のセレモニーが行われた。
ローマ法王ベント16世は、最初のメッセージをポルトガル語で話した。
4-5分のものだった。
法王は、ドイツ語はもちろん、ラテン語、更にスペイン語、フランス語、英語も堪能であるということである。

その後、ブラジル空軍のヘリコプターでサンパウロ市のカンポ・マルチ飛行場に飛び、そこでサンパウロ市長カサービの歓迎を受け、サンパウロ市の鍵を受け取った。

予定より約30分早く、カンポ・マルチ飛行場を出発し、
宿泊地のサンパウロ市中心部のサン・ベント修道院まで、
防弾ガラス張りの専用車で向かった。
約20分ほどの沿道には、多くの信者(市民)が集まった。

サン・ベント修道院の隣の
サン・ベント教会前で車を降りたあと、
サン・ベント修道院のバルコニーから、
サン・ベント広場に集まった信者に短い祈りのメッセージを出した。

第1日目の公式なスケジュールはこれで終了した。

----------------------------
5月9日(水)のサンパウロは寒い。

12時で13度。
小雨が断続的に降り続いた。
そして、気温はどんどんと下がってきた。
16時には11度。
18時には8度。

一気に冬になった。

そのせいもあったのだろうが、
沿道に出迎えたのは大群衆とはいかなかった。

----------------------------
15時半頃に、
法王が到着するカンポ・マルチ飛行場の横を通った。
さすがに、塀に沿って警官が並んでいた。
Spd20070509a

そして、法王が通ることになっていた
サントス・ドゥモン大通りから14Bis広場にも、
10メートルの間隔で警察が並んでいた。
Spd20070509b

ブラジルでもちゃんとすることはするのだと感心した。

でも、それほど威圧感を感じないのが
アジア的ではない。

さて、
5月10日(木)18時に
法王がやってくる
パカエンブー競技場。
周辺は、すでに全て駐車禁止になっていた。
Spd20070509c

そして、競技場の前にあるシャルレス・ミラー広場
夕刻からは車の進入が禁止になっていた。
Spd20070509d

やることは着々とやっている。

|

« ブラジル・サンパウロをローマ法王がご訪問。 その5 通知。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2007 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロをローマ法王がご訪問。 その6 到着。:

« ブラジル・サンパウロをローマ法王がご訪問。 その5 通知。 | Main | ブラジル・サンパウロの「文化の総ざらい」2007 その2 »