« サッカー:ロマリオの日々 その2 くるぶしをひねった。 | Main | ブラジルの「ロドリゴ・タバタ」 »

quinta-feira, 31 de maio de 2007

ブラジル・サンパウロのミス・ブラジル2007 その1

日頃のおこないが良いという証左なのか、
街にもっと出なくてはならないということなのか、
5月31日(木)にとても良いことがあった。

朝から、東洋人街のあるリベルダーヂに出かけた。
月にせいぜい一回程度しか行かないところである。

ごちゃごちゃしているのと、
セントロに近いので駐車料が高いから、
避けている。
日本食品を買うこと以外には、まず用事はない。

ガルヴォン・ブエノ街でもっとも大きな日本食品店の丸海の前を通りかかったら、
なんだか人だかりがしていた。

店の中から、人が出て来て、
それをテレビのクルーが撮影していた。

バンデイランチ局であった。

ちょっと派手めなきれいなお姉さんがいた。
モデルか、番組のアシスタントくらいに思っていた。
バンデイランチ局の番組はほとんど見ないし、
まして朝の奥様向け番組などはさっぱり分からない。
Spd20070531g

そうして、彼らはガルヴォン・ブエノ街を下っていった。

せっかくなので、丸海でちょっと買い物をした。

そして、駐車場に行こうとしていたら、
今度はリベルダーヂ広場で撮影をしていた。
よく見たら同じ連中だ。

多少人だかりもしていた。

バンデイランチ局のスタッフがいっぱいいた。

そのうちのスタッフの1人が、
ミス・ブラジルの肩からかける帯を持っていた。

なんときれいなお姉さんは、ミス・ブラジル2007だったのだ。
Spd20070531i

今週、メキシコで開かれたミス・ユニバースで2位になった女性である。

もう、サンパウロに出現していた。

どうして、このリベルダーヂあたりにやってきたのだろう。

日系人に、ミス・日本とミス・ブラジルとどちらがミス・ユニバースに相応しいと思うか聞きに来たのだろうか。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その2 くるぶしをひねった。 | Main | ブラジルの「ロドリゴ・タバタ」 »

Comments

Sao Pauloさん、さすがですねぇ!月に1度はリベルダージに行っている私ですが、このような美女にお目にかかったことはないですよ。
最初に「その2」を拝見し、あれぇ、なぜ提灯をバックにミスブラジルがいるのよ?と素直に疑問を抱きました。さすがSao Pauloさん、美女のいるところに鼻が利くのかしら…と思っていました。

ものすごい偶然だったのですね。それにしても、しっかり正面ショットを押さえてて素晴らしいです。もし私がこの状況に遭遇したら、「今日に限ってデジカメ忘れてる!」ってことになってそう(笑)
美女を呼ぶ体質かも知れませんね!うらやましいです。
(かくいう私は一応女ですが、きれいな女性を見るのは大好きです。あ、変な意味ではなくて)

Posted by: caolin | sábado, 2 de junho de 2007 at 00:07

>caolin様
本当に幸運でした。
サンパウロ市内のあちこちでよくテレビのクルーを見かけますが、そういう時にはしっかりチェックをしています。
だいたいが、報道のようで、こういうことはあまりありません。
日本のテレビのように、肖像権を盾にして、公共の路上での撮影にもかかわらず、写真をとらせないようなアホなことはいいません。
皆さんたいそう愛想がいいです。

Posted by: Sao Paulo | segunda-feira, 18 de junho de 2007 at 01:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15274803

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのミス・ブラジル2007 その1:

« サッカー:ロマリオの日々 その2 くるぶしをひねった。 | Main | ブラジルの「ロドリゴ・タバタ」 »