« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その16 準決勝 第1戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのミス・ブラジル2007 その1 »

quinta-feira, 31 de maio de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その2 くるぶしをひねった。

ロマリオRomárioは、5月30日(水)の朝、サン・ジャヌアリオSão Januárioで右のくるぶしをひねった。

しかし、6月3日(日)に、マラカナMaracanã競技場で行われるブラジル選手権第4節の”クラシコ”の対フルミネンシFluminense戦への出場は危ぶまれていない。

ケガは、セルソ・ロッチCelso Roth監督が指揮している試合形式の練習の時に起きた。
正選手の中でプレイしていたロマリオBaixinhoは頭でボールに向かって行こうとして飛んだ。
そして変なふうに落ちた。
始まって約10分くらいの時だった。

くるぶしの痛みを感じた後、ロマリオRomárioはシューズを脱いで、ヴァスコ・ダ・ガマの医師の手当を受けた。
ロマリオはそれでグラウンドを後にして、療養室で治療をした。

ヴァスコの副医師にペドロ・ヴァレンチPedro Valenteは怪我は心配することはないと言った。

「痛みは1時間くらいだった。 ロマリオは医師のラファエル・ブルンRaphael Blumの手当を受けた後、よくなった。 検査を必要ない。 明日になるとロマリオがプレイしているのを見ることが出来ると期待している」と、ペドロ・ヴァレンチは言った。

--------------------------------
よかった。

|

« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その16 準決勝 第1戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのミス・ブラジル2007 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15267064

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その2 くるぶしをひねった。:

« サッカー・リベルタドーレス杯2007 その16 準決勝 第1戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのミス・ブラジル2007 その1 »