« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード2007 その4。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その13 スポルチの監督にジェニーニョ。 »

quarta-feira, 20 de junho de 2007

ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その2 脱ぐ。

ブラジルのサッカーでは、女性の審判が普通に活躍している。

その女性審判の中でもっとも美人の誉れが高いのは、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラAna Paula de Oliveiraである。
Spd20070421n

今までも、サッカー以外でも色々と話題になってきたアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラがついに脱ぐことを決めた。
近々、プレイボーイ誌と契約するそうだ。

-----------------------------
線審bandeirinhaアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは来月ファンを幸せにする。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、6月19日(月)にプレイボーイ"Playboy"誌と契約をした。
7月の表紙を飾るためである。

2005年には、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは別の男性誌"VIP"に出ているが、完全にヌードではなかった。
今回は、話が違う。
サッカーのファンの全てを幸せにする。

個人的な生活ではアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは引き続き上の人であるが、プロとしては補修をする必要があった。

ブラジル杯Copa do Brasilの準決勝戦のボタフォゴBotafogo対フィグェイレンシFigueirense戦でのみっともない行動のあと、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラはブラジルサッカー協会CBFの審判委員会からブラジル選手権のセリエAの試合からは外されてしまった。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、ボタフォゴにとって「歓迎できない人物」 "persona non grata"になった。
ボタフォゴの役員はブラジル杯Copa do Brasilの制覇を夢見たのだが、潰えてしまったので、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの夢であるワールドカップCopa do Mundoに参加することを止めさせることと引き替えにした。

見たところ、仕事をする必要がないだろう。
前回センセーショナルなポーズをとった時、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラはFIFAの審判の枠からすぐに外れてしまった。 しかしCBFの後押しで復帰した。

今回は、しかし、サンパウロ州サッカー協会によって許可を得ているにもかかわらず、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラがワールドカップに行く可能性は更に少なくなった。

-----------------------------
アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは26歳。
FIFA公認の線審である。

線審界では、美人の類に入れてもよいかもしれない。

このところ、誤審が続いていた。
サンパウロ州選手権でもそうだし、ブラジル杯でもオフ・サイドでないものをオフ・サイドにした。

それで、ブラジル選手権では、なんと4部の審判にまで降格させられた。
ほとんど、草サッカーのレベルである。

|

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード2007 その4。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その13 スポルチの監督にジェニーニョ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その2 脱ぐ。:

« ブラジル・サンパウロのゲイ・パレード2007 その4。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その13 スポルチの監督にジェニーニョ。 »