« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その12 日程3。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その1 ブロック塀。 »

sexta-feira, 29 de junho de 2007

ブラジル・サッカー:2007 その46 ロナウドの休暇。

欧州のサッカーシーズンが終わり、欧州で活躍している多くのブラジル人選手がブラジルに戻ってきて、休暇を過ごしている。

米州杯に招集された選手達をよそに、
話題を振りまいているのが、
やっぱりさすがのロナウドである。

--------------------------
ロナルドRonaldoはまたいつものように情熱的。
ロナウドはブラジルに戻ってきた。
恋人のマリア・ベアトリス・アントニーMaria Beatriz Antonyを同伴して。
公衆の面前で優しさを見せつけていた。

6月26日(火)、ロナウドはロナウドと彼の兄弟が所有しているR9リハビリセンターに彼女を連れて行った。
マリア・ベアトリス・アントニーが筋肉の痛みを感じていたからだ。

優しさいっぱいで、ロナウドRonaldoはずっと彼女の側にいた。
車にはいるのを手伝うために彼女を抱くまでしていた。

マリア・ベアトリス・アントニーはロナウドの家族みんなに紹介されて、認められたようだ。
6月29日(金)には、ロナウドRonaldoはロナウドの母親のソニア・ナザリオSônia Nazárioが開くフェスタに行く。
日曜日にはロナウドの兄弟の赤ちゃんイオニIoneのところへ行く。

6ヵ月一緒にいるマリア・ベアトリス・アントニーとロナウドのロマンチックな旅はこれが初めてではない。
2人は、恋人の日には仏領ポリネシアPolinésia Francesaで”ハニームーンlua-de-mel”を過ごした。
そのあとで、彼らは米国Estados UnidosのニューヨークNova Yorkにも現れた。

マリア・ベアトリス・アントニーはエンジニアリングの学生で、家族とパリに住んでいる。
しかし頻繁にロマリオのためにイタリアへ向かっている。
彼女は、ブラジリアBrasíliaで大学UNBを卒業し、そのあとのために欧州Europaにいる。
ロマリオRonaldoとロマンスに陥る前は、マリア・ベアトリス・アントニーは2004年からネルソン・アンジェロ・ピケNelson Ângelo Piquet(ネルシーニョNelsinho・ピケ)と付き合っていた。

ロナウドRonaldoとマリア・ベアトリス・アントニーは5月にスペインEspanhaのマドリッドMadriのレストランを出てくるところが、初めて2人で現れたときである。

--------------------------
この2人、連日話題を振りまいている。

やはり、ロナウドが格が違う。

ブラジル代表にも早く復帰して、
2010年には是非ともワールドカップに出場して欲しいものだ。

7月上旬まで、リオ・デ・ジャネイロで過ごすそうだから、
当分話題を振りまいてくれるはずだ。

|

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その12 日程3。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その1 ブロック塀。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15584089

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007 その46 ロナウドの休暇。:

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その12 日程3。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その1 ブロック塀。 »