« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その6。 »

domingo, 3 de junho de 2007

ブラジル・サンパウロのチエテ川の改修工事と日本 その2。

ブラジル・サンパウロ市の北部を東西に流れるチエテ川。
その両岸は、マルヂナル・チエテと呼ばれるサンパウロのそして、ブラジルの大幹線道路である。

片側6-7車線があり、高速車線と緩行車線がある。

河岸の北側の西行車線、
クルゼイロ・ド・スル橋付近に、昨年碑が出来た。
Spd20061124a_1

渋滞していなければ、100キロ以上で通過するところなので、何の碑なのかは全く分からない。
徒歩で近づくことはできないところにある。

幸いにして、、このあたりは渋滞がよく発生するところで、
朝夕はほぼストップしてしまう。

碑の上の方にも、なにかごちゃごちゃ書いてある。
Spd20061127c_1

そして、碑の根元にはプレートがある。

チエテ川の改修工事の終了を記念するものだと思われるが、プレートの一番下の部分は堤防で隠れてしまって、完全には判読できなかった。

でも、一番上に記載されているサンパウロ州知事と、その下のサンパウロ市長の名前から、昨年もしくは一昨年のものということが分かる。

4番目に書かれているKyosuke Shiozawaという方は、日本の国際協力銀行の社長ということになっている。
資金協力をしたからだ。
もちろん、日本国民の税金の一部である。
Spd20061127d_1

しかし、この碑にも、このプレートにも、この横を通過するほとんどの人は目を向けることはないだろうし、
仮に目を向けてもKyosuke Shiozawa氏とJapan Bank for Interunational Cooperationが、
何か考える人もいないだろう。

それも仕方ない。

碑を建ててくれて、名前を入れてくれただけでも、
その配慮に感謝しておきたい。

できれば、日本国もしくは日本国民への感謝の一言も、
いつでもどこからでも見える形で表現してもらいたいたかった。
日本の納税者へのせめても感謝である。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その6。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15242523

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのチエテ川の改修工事と日本 その2。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その5。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その6。 »