« ブラジル・サッカー:2007 その66 コリンチャンスは、MSIに対する争いに備える。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その28。 »

sexta-feira, 27 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロのFAAP その2 Alice Brill展。

ブラジル・サンパウロの中心部に近い、最高級アパート街のイジェノポリスHigienopolisと最高級一戸建て住宅街のパカエンブーPacaembuの境目にあるFAAPという財団。

入場料が無料の企画展が催される美術館がある。

6月には、アリシ・ブリルAlice Brill展が開催されていた。

拙宅から歩いて15分なので出かけた。

アリシ・ブリルは画家である。
Spd20070626b

Spd20070626c

Spd20070626d

Spd20070626e

そして、ドイツ系のユダヤ人である。
絵画がほとんどだったが、ほかにも展示されていたものがあった。

1935年頃おくられてきたドイツにいる父親からの手紙に、
ユダヤ人の男性は全て名前に”イスラエル”を入れることになり、
女性は全て”サラ”を入れることになったという事が書いてあった。


絵画展ではあったが、
この手紙が一番印象に残った。

ブラジルには、そういうことを背負って、やってきた人もいる。

イジエノポリスHigienopolisは、サンパウロでも、ユダヤ人が沢山住んでいるところである。

|

« ブラジル・サッカー:2007 その66 コリンチャンスは、MSIに対する争いに備える。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その28。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのFAAP その2 Alice Brill展。:

« ブラジル・サッカー:2007 その66 コリンチャンスは、MSIに対する争いに備える。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その28。 »