« ブラジルのパン・リオ その5 キューバ選手団が帰国の途。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その5 寒い。 »

domingo, 29 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロの公園 その57 Parque Estadual Jaraguá 2。

ブラジル・サンパウロ市域内にある公園を紹介している。

公園は、2006年にサンパウロ市の環境緑地局が発行した「緑の地図」に掲載されたものである。
すでに、市営公園の紹介を終えたので、州営の公園を紹介している。

州営の公園は、
市営の公園に比べて、規模が大きなものが多いので、紹介に時間がかかっている

3番目は、ジャラグア州立公園Parque Estadual Jaraguáである。
山麓エリアの紹介に続いて、
山頂エリアの紹介である。

この山頂はpico de Jaraguaと呼ばれていて、サンパウロ市最高地点である。
山頂の高度は1,135メートルである。
サンパウロ市街地の高度は、だいたい750メートルくらいなので、約400メートルの高度差があることになる。

大した高低差でもないし、市内中心部から16キロほど直線で離れているので、市内中心部をはっきり掴むことは難しい。

サンパウロ市は、延々とビルが建ち並んでいて、
明らかに中心部というは、ビルの高さだけでは判断が難しい。

それでも、サンパウロ市で最も高い地点なので、一度は行く価値がある。

市街地から離れていて、
市内中心部から、平日では車でも1時間以上は必要なせいか、観光コースには入っていないようだ。
それに、途中の雰囲気もそれほどよくはない。

----------------------------
ジャラグア州立公園への到達方法は、
前回説明したので省略する。

山頂への入り口を入ると、
そのまま道なりに登っていくと、車で数分で頂上に到達する。
道は舗装してあるが、それほど広くない。
途中で路肩に車を止めるスペースはほとんどない。

頂上付近は、一方通行になっている。

駐車エリアには10台程度止めることが出来るが、
休日はここがいっぱいになり、
路上駐車をすることになる。

駐車場のすぐ前に、軽食や飲料などを売っている売店がある。
休日のみの営業である。
日曜日は、その広場で、工芸品市が開催されている。
インジオのものがあるということになっているが、大したものはない。

その奥に、サンパウロ市内に向かって開けた展望台がある。

ただただ大きな街が広がっているのが見える
サンパウロ市中心部のセントロ方向。
真ん中にはアニャンガバウーの3本の高層ビルがある。
右側に、Edificio Italia(イタリアビル)コパンビルCopanがある。
わかる人にやっとわかる程度である。
Spd20060409ppjj

ここで、満足できなければ、さらに上の展望台に行くことになる。

この山頂は、サンパウロ市最高峰ということで、いくつもの電波塔がある。
その一つのテレビ塔の建物が展望台になっている。
Spd20060409ppjh

ここに行くには、階段を上らなくてはならない。
これがかなりきつい。
サンパウロで、ほとんど歩かない生活をしているからだ。
Spd20060409ppjk

この階段に平行して、斜行エレベーターがあるが、
これは一般には開放されていない。

ともかくも、死ぬ思いで、登っていくと、
そこでは360度の視界を楽しむことが出来る。

西から北北西方向。
Spd20060409ppja
※クリックすると拡大する

東北東から南。
サンパウロ市中心部は、南東になる。
東側の山塊はカンタレイラ山脈である。
※クリックすると拡大する。Spd20060409ppjb

サンパウロ市中心部のパウリスタ方向。
飛行船が浮かんでいた。
Spd20060409ppjc

サンパウロ市中心部方向。
※クリックすると拡大する。
Spd20060409ppjd

南西方向。
バルエリ市方向になる。
※クリックすると拡大する
Spd20060409ppjg

東北東から北北東方向。
遠くは、サンパウロ州の内陸部方向である。
※クリックすると拡大する
Spd20060409ppji

-----------------------------
このジャラグア州立公園の山頂域では、この展望を楽しむしかない。
雲の少ない冬場の快晴の日の昼が、ベストだろう。
公園の開園時間でしか登ることは出来ないので、夜景を楽しむことは出来ない。

この展望台以外は、他には何もないといってもよい。

このエリアにも、警備員がいて、安全の面では、大きな問題はないだろう。

何時間も滞在するところではない。
Spd20070523pejc
Spd20070523pejd
Spd20070523peje

----------------------------
ちなみに、
サンパウロ市で安く展望を楽しもうとするならば、選択はいくつもない。

このジャラグア州立公園のPico de Jaragua、
さらにカンタレイラ州立公園のPedra Grande
そして、サンパウロ市中心部セントロのAltino Arantes(Banespa)のビルの展望台くらいしかない。

ただ、Pedra Grandeは歩いて行かなくてはならないので、観光気分ではちょっとつらい。
中心部には近いが、高度はやや低い。

もっともどこに行っても、サンパウロの眺望などたいしたことはない。

イタリア・ビルの最上階のレストランの眺望もたいしたことはない。
ここでは、夜景を見ることも可能である。
その夜景すらもたいしたことはない。
それにあのレストランは、値段は高いが、味はどうもと思っている。

|

« ブラジルのパン・リオ その5 キューバ選手団が帰国の途。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その5 寒い。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15926686

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その57 Parque Estadual Jaraguá 2。:

« ブラジルのパン・リオ その5 キューバ選手団が帰国の途。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その5 寒い。 »