« ブラジル・サッカー:2007 その62 ヴェルドンは日本に行きたくない。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その28 コリンチャンスがついに降格圏。 »

sábado, 21 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロの自損事故 その12 ついに大迷惑。

ブラジル・サンパウロの中心部に近い一戸建て住宅専用街にある拙宅。
その拙宅のすぐ近くに、交通事故多発地点がある。

週末の深夜になると、制限時速30キロのきついカーブを曲がりきれない車が、道をはずし、住宅に追突していく。
だいたい、飲酒運転の若者が起こしている。

深夜であることと、人通りが日中でもほとんどない一戸建て住宅街なので、通行人を巻き添えにしたことはない。
それに、不思議なことに、追突した車の運転手や同乗者も無事なようだ。
かなりのカーブなので、一応スピードはそれなりに落としているからだろう。

車が突っ込む家はだいたい決まっている。
どちらも塀が丈夫なので、塀にちょっと傷が付くくらいである。

今までの、損害は、歩道に立っていた道路標識が倒れたくらいであった
電柱にぶつかったこともあったが、
それでもいつも車が大破して、レッカー車のお世話になっていた。

7月21日4時30分頃に、また事故が起きた。

カーブをスピードオーバーで曲がってくる特有のタイヤ音がしてきた。
そして、ドーンという衝突音。

拙宅のガラスも揺れる。

いつもよりも、確かに衝撃音は大きかった。

また事故が起きたと思ったが、
慣れっこなので、外を見ることもしなかった。

そして、車から降りてきた人の声がしている。

また、無事だったようだ。

だいたい、レッカー車を読んだり、友達を呼んだりするのが普通だ。

そうして、20-30分がたった頃、動きがあった。
車を動かし始めたようだ。

そして、
変な音がしたと思ったら、停電した。
一旦元に戻ったが、
まもなくまた停電した。

----------------------------
衝突で、電柱をへし折ったのだ。

朝9時頃に、折れた電柱を撤去した。
そして12時頃までに、新しい電柱を立てた。
Spd20070721a

Spd20070721b

電気が元に戻ったのは、15時過ぎであった。
それでも、まだ電気会社の作業員は、工事をしていた。
Spd20070721c

壁には、大きな傷が付いていた。
Spd20070721d

追突事故で、現実的な迷惑をかけられたのは初めてだ。


|

« ブラジル・サッカー:2007 その62 ヴェルドンは日本に行きたくない。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その28 コリンチャンスがついに降格圏。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの自損事故 その12 ついに大迷惑。:

« ブラジル・サッカー:2007 その62 ヴェルドンは日本に行きたくない。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その28 コリンチャンスがついに降格圏。 »