« サッカー・ブラジル代表U-20 カナダ その6 韓国戦。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その3 桜。 »

terça-feira, 3 de julho de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その7 引退の時。

ロマリオRomárioは41歳は、1000ゴールを讃えるフェスタのあとに、引退を真剣に考える。
ロマリオBaixinhoは、7月2日(月)にロマリオの名を付けた競馬を見に行くためにリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroのジョッキー・クラブ・ブラジレイロJockey Club Brasileiroに行く間に、すぐにも引退することを決めたように見えた。

ロマリオBaixinhoは、まだ引退する日を決めてはいなかった。
しかし、見たところ、終わりは近い。
それを即するかのように、ロマリオRomárioはくるぶしの怪我により1週間トレーニングをしていないし、6月14日から試合でプレイしていない。
1000ゴールの熱狂はもう過ぎ去った。
ヴァスコ・ダ・ガマはブラジル選手権を戦っている。
ロマリオBaixinhoは、水曜日16時にサン・ジャヌアリオSão Januárioで行われる対サントスSantos戦からは外れている。
来年も続けることは、考えていない。

「肉体的にはまだプレイできる。しかし、止めるときである。
まだプレイするのはとても好きだ。しかし、時は過ぎている。
自分にとっては、違いはないだろう。 他の選手達はあそこにいる。 選手権の中で良い結果を出すためにヴァスコに貢献している。 ヴァスコは自分がいると強い。 また自分がいなくても強い」と、ロマリオBaixinhoは言った。

ロマリオRomárioが夢見ていた、お別れは起きなかった。
リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroでのパン・リオPan-americano(米州総合体育大会)でブラジルBrasil代表として戦いたかった。
しかし、ブラジルサッカー協会CBFは、ロマリオBaixinhoの望みを無視して、U-17を招集した。

「パン・リオに自分が参加するのは、何も公式なものではなかった。 今はブラジルBrasil を代表して、そこにいるものを応援する」と、ロマリオBaixinhoは言った。

ロマリオRomárioは、7月12日に行われる対アツレチコ・パラナエンセAtlético-PR戦にはヴァスコ・ダ・ガマのために、グラウンドに戻るに違いない。

ロマリオBaixinhoは、ヴァスコ・ダ・ガマがやってくれる最大のお祝いを待っている。
ロマリオの実物大の像がサン・ジャヌアリオSão Januárioに設置されることを。

--------------------------
本当に、ロマリオの引退が近づいている。

まだまだ、見たい。

|

« サッカー・ブラジル代表U-20 カナダ その6 韓国戦。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その3 桜。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15646612

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その7 引退の時。:

« サッカー・ブラジル代表U-20 カナダ その6 韓国戦。 | Main | ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その3 桜。 »