« ブラジルのパン・リオ その2 サッカーU17初戦勝利。 | Main | サッカー・ブラジル代表 米州杯 その24 ドゥンガ代表監督が来ない人を非難。 »

segunda-feira, 16 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その7 歴史になる1枚の写真。

プレイボーイ "Playboy"誌の多くの表紙が、男子のイマジネーションをかき乱してきた。
幾つかの写真が、その大胆さでプレイボーイ誌の歴史となった。

ヴェラ・フィシャーVera Fischerの写真、アドリアーニ・ガリステウAdriane Galisteuの○○depilação、そしてカリナ・バッキKarina Bachiの議論を呼んだ○○の○○piercing íntimo。

7月発売のプレボーイ誌のページの順番で、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラAna Paula Oliveiraの最後の写真、裸でうつぶせに横たわっているものはとても大胆である。
大胆な写真の選択リストに入るに違いない。

「自分は、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラのあの写真はプレイボーイ誌の歴史でもっとも大胆なものの一つだと冷静に言える。 32年の歴史だ」とプレイボーイ誌の出版担当役員のエヂソン・アランEdson Aranは評価している。

エヂソン・アランによると、写真のアイデアはカメラマンのJ.R.ドゥランJ.R. Duranが出した。

「彼女は最初はしたがらなかった。 しかしそのあとで応じた。 結果は最高だ。 アナ・パウラAna Paulaはとても素晴らしい。 今年の販売記録を樹立することを期待している」と強調した。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、カメラマンがあのポジションを決めたときには全く何も考えなかったと説明した。
アナ・パウラによると、写真を撮ったあと、撮影の結果を見ることが出来た。 それで、全てを掲載することは不可能なので、どれを雑誌に載せるかということに考えを変えた。

「本当のところ、J.R.ドゥランの夢を実現した。 彼は他のものであの写真を撮ろうとしてきたが、今まで駄目だった。 自分が写真を見たあとには、もう後戻りするのには遅すぎた。 プレイボーイ誌の願いが勝った」と、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは打ち明けた。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、とてもセクシーだが、挑発的ではないといった。

「自分は結果は良いと思う。 撮影しているときはとても恥ずかしかった。 でも、時間と共にやる気になった。 あの写真を撮るのに何も要求をしようとは考えなかった」と言った。

アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの写真には、サッカーに関係するシーンは全くない。
一連の写真のテーマは、過去の世紀のマダムの写真のインスピレートされた。

「夫に取り入るとても裕福な貴族を演じた。あの時は自分自身と感じた。 自分もそうなように、みんなが作品を好きになってくれることを期待している」と終えた。

----------------------------
色々と理屈はあるようだ。

ブラジルのプレイボーイ誌は、もちろん各国で発行されているプレイボーイ誌の一つである。
プレイボーイ誌の基本的な記事構成は守られている。

読み応えのあるプレイボーイ・インタビューもちゃんとある。

ただ、米国版などからの翻訳記事などはあまりなく、
ほとんどがブラジル独自のものである。

2ヵ月前のプレイボーイ・インタビューは、
コリンチャンスの監督を辞めたばかりの
エーメルソン・レオン監督だった。

大放言を連発していて、
とても面白かった。

プレイボーイ誌は、単なるポルノ雑誌ではなくて、なかなか硬派な部分も持っていることは、ちゃんと読んだ人は知っているはずである。

だが、ブラジルのプレイボーイ誌は、日本のそれよりはちょっとだけ写真はオープンである。
とは言え、米国のプレイボーイ誌もそうだが、プレイボーイ誌としてのコードはきちんと守っている。
ペントハウス誌(かつて、ブラジル版があった。)やハスラー誌(ブラジル版はなかったはず)とは違う。

7月発売のプレイボーイ誌に掲載されたアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの写真が、
どうだったかについては、今はまだ、ここでは語らないことにしておく。

とくに、
ここで触れられている「歴史に残るポーズ」が、具体的にどうなのかも、つまびらかにすることはない。

このブログでは、そういったことまでは、取りあげない。
そう決めている。

おそらく、ブラジルなので、奇特な人が、どこかのサイトで全ての公開している可能性がある。
どうしてもという方は、そういうサイトを探すか、
プレイボーイ誌を買い求められることである。

|

« ブラジルのパン・リオ その2 サッカーU17初戦勝利。 | Main | サッカー・ブラジル代表 米州杯 その24 ドゥンガ代表監督が来ない人を非難。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その7 歴史になる1枚の写真。:

« ブラジルのパン・リオ その2 サッカーU17初戦勝利。 | Main | サッカー・ブラジル代表 米州杯 その24 ドゥンガ代表監督が来ない人を非難。 »