« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その21 日程 5。 | Main | ブラジルのパン・リオ その1 日系人のスポーツとソフトボール。 »

quinta-feira, 12 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その6 ボタフォゴのファン。

プレイボーイの発売を記念して、7月12日(木)の午後にリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの書店で、表紙を飾った線審のアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラAna Paula Oliveiraのサイン会が予定されていた。

しかし、イベントは公式にキャンセルされた。
ボタフォゴBotafogoのファンに脅かされたからだ。
がっかりしながらも、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラはボタフォゴのファンを挑発する機会を失わなかった。

インターネットのサイトで、ボタフォゴのファンが、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの写真に対して抗議活動を組織していたからである。

「キャンセルには傷ついた。 しかし何も恐れていない。 一般の人はとても自分に優しい。 どれだけ好かれているか知りもしなかった。 冷静だ」と、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは言った。

ボタフォゴのファンは、ボタフォゴがフィグェイレンセFigueirenseに敗退したマラカナMaracanã競技場でのブラジル杯Copa do Brasilの準決勝のアナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラの行為に対して合議するためにイヴェントに集まると脅かしていた。

ファン達はタマゴを持ってきて、雑誌をたいまつにすると脅かしていた。

「買って、自由に燃やすことが出来る」と、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは挑発した。

しかしながら、リオ・デ・ジャネイロはリストから外れた。

「今のところキャンセルされた。 リスクを犯すことは出来ないからだ」と、出版社の広報担当者は説明した。

----------------------------
アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、
この試合で、
2度ボタフォゴのオフサイドを判定した。
いずれも、ミスであった。
それも、ゴールに絡んでいた。

ボタフォゴのファンの怒りも十分理解できる。

この誤審で、アナ・パウラ・ヂ・オリヴェイラは、今年はブラジル選手権の4部の審判になってしまうという制裁を受けた。

|

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その21 日程 5。 | Main | ブラジルのパン・リオ その1 日系人のスポーツとソフトボール。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その6 ボタフォゴのファン。:

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その21 日程 5。 | Main | ブラジルのパン・リオ その1 日系人のスポーツとソフトボール。 »