« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その18 ドゥンガ代表監督に、3人目の子供が誕生。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その8 ロマリオは、アツレチコ・パルメイラス戦で復帰するに違いない。 »

segunda-feira, 9 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その4 3連休。

ブラジル・サンパウロは「冬」である。

そして、この週末7月7日(土)から、9日(月)までは3連休であった。

7月9日は、1932年に起きた「立憲主義革命」の記念日ということで休みである。
この「立憲主義革命」が何かということは説明が面倒なので省く。
軍の中堅幹部が立ち上がったこの革命自体は失敗に終わっている。

しかし、
この革命を記念するオベリスコが、イビラプエラ公園に隣接して建てられているし、
祝日になっている訳なので、
肯定的に評価されていることは間違いない。

この3連休、
サンパウロはとても天気がよかった。
「冬」とは思えないくらい日中は気温が上がった。
最終日の9日には、28.4度まで上がったそうだ。

8日(日)には、
リオ・デ・ジャネイロで開催されるPan Rio(米州総合体育大会)の聖火がサンパウロの街を走った。

8時に、セントロを出発して、
13時30分にイビラプエラ公園に到着することになっていた。

拙宅のすぐ近くのパカエンブー競技場も、
サンパウロで1960年に米州体育大会が開催された時の主会場の一つであり、
ここも聖火が通ることになっていた。

10時前から、ヘリコプターが低空飛行した。
10時20分頃には、競技場から何かコーラスが風に追って聞こえてきた。
実は、競技場には行かなかった。

あとからニュースを見ると、
競技場の中でも拙宅に近い、ところでセレモニーが行われていたことを知った。

連日快晴になって、とても気持ちのよい3連休を過ごすことが出来た。
Spd20070708a

|

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その18 ドゥンガ代表監督に、3人目の子供が誕生。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その8 ロマリオは、アツレチコ・パルメイラス戦で復帰するに違いない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15713001

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「冬」2007 その4 3連休。:

« サッカー・ブラジル代表 米州杯 その18 ドゥンガ代表監督に、3人目の子供が誕生。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その8 ロマリオは、アツレチコ・パルメイラス戦で復帰するに違いない。 »