« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その26。 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その8 CMにも出演。 »

quarta-feira, 25 de julho de 2007

ブラジル・サンパウロの「秋祭り」

ブラジル・サンパウロの秋は、3月21日頃から、6月21日頃までとなっている。

それほど、季節の差がはっきりしていないのだが、
とにかくそうなっている。

秋と言えば、「収穫の秋」ということで、
その年の収穫に神様に感謝して行われるのが「秋祭り」というのが、
日本の常識。

祭りは、神道の神社絡みというのが、日本の習俗である。

もっとも、こういった宗教的な祭事としての祭りがどこかへ行って、
商業的なそして観光的な色彩ばかりになってしまっている祭りが多いし、
はじめから、宗教的な感謝もないのに「まつり」を名乗る「歳事」があるのもいかがなものかと思う。

そういうことはさておき、
ブラジルでも秋祭りがあったので、行ってきた。
Spd20070508h

もう、4月のことだが。

サンパウロ市の東50キロほどのところにある、
モジ・ダス・クルーゼスという、
都市近郊農業に従事する日系人が多い中都市である。

市内中心部にも、日系人経営の店は多いし、郊外に行くと日系人の名前が付いた道だらけである。

日系人の存在がとても大きな都市である。

そのモジ・ダス・クルーゼス市にある「文化協会のスポーツセンター」なるところが会場であった。
地図もあったが、想像以上に市内中心部からは遠かった。
Spd20070508i

日系人組織が、こういった中都市ではしっかりしているので、
ステージで演じる出し物もいっぱいである。

----------------------------
この催しのための臨時駐車場は、野球場だった。
4面もあった。
ブラジルでは、野球は日系人のスポーツなのである。
ソフトボールもそうだ
Spd20070414a

このほかに、もっと立派な野球場も一つあった。
Spd20070414bb

会場にはテントが立ち並んでいた。
Spd20070414c

鯉のぼりもはためいていた。
鯉のぼりは「秋」ではないなんてことはどうでもいい。
Spd20070414d

鳥居も。
やや不細工だが。
奥に体育館があるのだ。
Spd20070414e

立派な体育館の入り口が飾り立てられている。
Spd20070414f

「堀井記念体育館」とある。
Spd20070414g

体育館の中に入ってみた。
広い。
Spd20070414h

農産物の展示が行われている。
いかにも、収穫祭らしい。

タマゴ。
ひよこも。
日系人の農場だ。
Spd20070414i

ランを中心とした花卉の展示。
これも日系人が経営している農場が中心だ。
Spd20070414j

果物。
モジ・ダス・クルーゼス市だし、時期的なものもあってが多かった。
Spd20070414k

生け花もあった。
Spd20070414l

そして、お釈迦様の像。
お釈迦様の誕生日が確かに近かったのだが。
Spd20070414m

意味が分かっているのかいないのか、非日系人のおばさんも水をかけている。
好奇心だろう。
Spd20070414o

奥には、最初の移民が乗ってきた笠戸丸の絵。
Spd20070414n

書道のコーナー。
Spd20070414p

会場の真ん中にも、鳥居。
鳥居は単に神域への入り口であって、
その先には神社がなくてはならないのだが。
ここには神社はない。
Spd20070414q

この会場は、かなり郊外にある。
それだけにとても広い。
「秋祭り」をよそに、何か芝生でプレイしていた。
Spd20070414r

ゴルフのようだが、
ゲートボールのようでもある。
北海道で始まったマレット・ゴルフなるものかもしれない。
Spd20070414t

「富山の里」なるものもあった。
入植者には富山県人が多かったのだろう。
Spd20070414s

灯籠流しも、
これは、「秋祭り」ではなく、「お盆」ではないかと思ったが、
それはそれでいいことにした。
Spd20070414u

テントには、お店が並ぶ。
農業地帯ので、なかなか街に出られない人に、いろんなものが並んでいる。
それに、農業資機材の業者も出展している。
トラクターなんかも並んでいる。
Spd20070414v

日系人は農業経営者として、成功した人も多いので、
割と富裕な方もいる。
自動車のディーラーも、出展していた。
Spd20070414zb

「日本社会Japan Society」というブランドで展開している店。
日本人から見ると、浅草の土産物屋で見かけるような外人向けのデザインのTシャツのような物を売っている。
サンパウロでは、高級なショッピングセンターにもあるのだが、こういったテントで販売していると、まるでバッタものにも見えてしまう。
Spd20070414w

ステージ。
次から次と、演目が続いていた。
Spd20070414x

琴を演じている。
本物の琴の音を聴いたのは久しぶりだった。
Spd20070414zd

屋台。
たこ焼きもあった。
素人がやっているので、大学祭の模擬店よりちょっとまし程度。
Spd20070414y

カップヌードルの移動販売車も来ていた。
これは初めて見た。
Spd20070414z

会場の一角に、子供のホッケーコートが設置されていた。
なんで、ホッケーなのか。
Spd20070414za

よさこい・ソーランを演じる一団。
こんな得体の知れないものも、ブラジルに伝わっている。
何故か、ステージには登らなかった。
Spd20070414zc

はっきり言って、かなりひどいものだった。
来年に期待である。
Spd20070414ze

Spd20070414zf
「20070414Akimaturi-Yosakoi.MOV」をダウンロード


----------------------------
この会場がある通りは、Avenida Japao日本大通り。
日本移民と日系人の成果が、形になったところである。

こういった日系人の催し物が、
日系人の多いサンパウロ州やパラナ州の都市で、
規模の大小はあっても、よく開催されている。

年々規模が大きくなっているようだ。

でも、日系人以外の人たちのこういった催し物はあまりない。
知らないだけかもしれない。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その26。 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その8 CMにも出演。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/15903690

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「秋祭り」:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その26。 | Main | ブラジル・サンパウロの美人のサッカーの線審 その8 CMにも出演。 »