« サッカー・ブラジル選手権2007 その63 ジュヴェンチューヂの監督に、ベト・アルメイダが就任。 | Main | サッカー・ブラジル代表 アルジェリア戦 その8 ブラジル代表、モンペリエ到着。 »

segunda-feira, 20 de agosto de 2007

サッカー・ブラジル選手権2007 その64 パラナのジウソン・クレイナ監督が辞任。

パラナParanáのジウソン・クレイナGílson Kleina監督が、8月20日(月)の夜に辞任を申し出た。

パナラの社長のジョゼ・カルロス・ヂ・ミランダJosé Carlos de Mirandaと話をしたあと、ジウソン・クレイナ監督は、監督職を去る事を発表した。

ロリ・サンドリLori Sandriが、すでにジョゼ・カルロス・ヂ・ミランダと話をしていて、火曜日の朝には新監督として紹介される。

ジウソン・クレイナ監督は、パラナを8試合指揮して、わずかに1勝で、2分け5敗であった。
唯一の勝利は、パラナの監督としてデビューした7月22日の対パルメイラスPalmeiras戦で1対0であった。
ジウソン・クレイナ監督にとって、2度目のパラナの監督であった。
最初は、2004年であった。

交渉に合意するには幾つかの詳細が決まっていないにもかかわらず、ジョゼ・カルロス・ヂ・ミランダ社長は新監督として、ロリ・サンドリの名前を挙げている。

ロリ・サンドリLori Sandriは、2005年のブラジル選手権Campeonato Brasileiroの前半に、パラナParanáで働いた。
この年、パラナは7位でブラジル選手権を終了した。

------------------------------
2007年のブラジル選手権も折り返しをすぎて、
それぞれのチームの状況に応じて、目標を定めなおし、
その目標にあった監督に取り替え始めた。.

|

« サッカー・ブラジル選手権2007 その63 ジュヴェンチューヂの監督に、ベト・アルメイダが就任。 | Main | サッカー・ブラジル代表 アルジェリア戦 その8 ブラジル代表、モンペリエ到着。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16188750

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2007 その64 パラナのジウソン・クレイナ監督が辞任。:

« サッカー・ブラジル選手権2007 その63 ジュヴェンチューヂの監督に、ベト・アルメイダが就任。 | Main | サッカー・ブラジル代表 アルジェリア戦 その8 ブラジル代表、モンペリエ到着。 »